大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
美的感覚を刺激する秋田公立美術大学のキャンパス
c0018281_2043414.jpg
来春2013年4月に開学する秋田公立美術大学は、秋田県の協力を得て、秋田市が設置する公立美術大学で、東北地方以北では、初にして唯一となる4年制の公立美術大学として誕生することになります。東北から北海道におよぶかなり広大なエリアに、今日まで国公立の4年制美術大学が1校もなかったことは本当に不思議です。全国的に見ても、国公立の4年制美術(芸術系)大学は数がとても少なく、これから開学する秋田公立美術大学を含めても、全部で6校*のみとなっています。

さて、すでにご存じの方も多いかと思いますが、この秋田公立美術大学は、基本理念やカリキュラムなどは全く新たなものになりますが、校舎や施設などは現在の秋田公立美術工芸短期大学(通称=美短)のものをほぼそのまま引き継ぎますので、新大学開学のための施設整備はサークル棟などの新設や研究棟の増築のみとなっています。

その新大学の母体となる美短が位置するのは、秋田市の新屋という海側の地区で、JR秋田駅よりクルマで約20分、雄物川という大きな川に架かる秋田大橋を渡ったあたりにキャンパスがあります。少人数制の美術大学ゆえ、キャンパスの規模は一般的な総合大学に比べるとけっして大きくはないものの、1997年に施設部門のグッドデザイン賞を受賞するなど、建築物としても高い評価を得ている大学の施設群は、どこをとっても個性的で存在感たっぷりです。c0018281_18183799.jpg特にその目玉といえるのは、中央部にエオス像が鎮座するサークルプラザ<上図 1>や大開廊と呼ぶに相応しいアトリウム棟とシンボルタワー<上図 2>、そして、風格さえ漂わせる実習棟<上図 3>(旧国立新屋倉庫を一部改装し使用 / 国登録有形文化財)ではないでしょうか。

この大学にはキャンパスの内外を隔てる塀や囲いのようなものがなく、キャンパス内には地域の住民の方も自由に出入りができます。これはまさに、地域とつながり開かれた大学を象徴しています。そして、そのキャンパス内に足を踏み入れてまず目にするのは、サークルプラザ(円形広場)に設置されたギリシア神話の曙の女神・エオスの像。この像はかなり巨大で、迫力十分です!そしてその向こうに見えるのは、三角のかたちを多用した意匠が特徴的なアトリウム棟とシンボルタワー。キャンパス内のそれぞれの棟をつなぎ、内部動線の要となっているアトリウム棟の内部は開放的な吹き抜けが気持ちいい大空間で、所々に彫刻作品なども展示してあり、ヨーロッパの美術館を彷彿とさせる雰囲気があります。そのアトリウム棟などの現代的な建築物とは全く対照的に、ここ新屋地区の歴史を感じさせてくれる建物が、大学の実習棟などとして使用されている旧国立新屋倉庫。国の登録有形文化財でもある8棟で構成される倉庫群は大学の実習施設として使用されているだけではなく、市民向けの大学開放センター、創作工房、市立図書館分館としても活用されています。この他にも、大小の講義室や各科の実習室、大学付属図書館など、美術を学び研究を深めるための施設設備が完備されています。この美的感覚を静かに刺激する素晴らしい施設、環境を有する秋田公立美術大学で、4年間じっくり美術を学ぶことのできる学生たちは本当に幸せだと思います。
c0018281_191291.jpg

* 国公立芸術系大学 6校
国立大学 1校= 東京芸術大学
公立大学 5校= 秋田公立美術大学 / 金沢美術工芸大学 / 愛知県立芸術大学 / 京都市立芸術大学 / 沖縄県立芸術大学
[PR]
by icarts | 2012-11-20 21:35 | Akita
<< 「ウサギねずみのあきたB!<美... 秋田公立美術大学のユニークな教... >>