「ほっ」と。キャンペーン

大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
パークホテル東京の大谷有花アーティストルーム完成!
3月の一ヶ月間、パークホテル東京に滞在しながら制作した大谷有花アーティストルームは、先日無事に完成しました。
このアーティストルームは「秋田の美」を表現したのですが、そのベースにあるものは、日本人の感性や美意識です。これは私の最新の作品シリーズ「はなすがた」のテーマでもあることから、今回制作したアーティストルームもその延長線上にあると考えています。日本人の感性や美意識と一口に言っても、大きなテーマゆえ、その本質に迫り、それを表現することは容易いことではありません。「はなすがた」シリーズやこのアーティストルームについては、過去の私の作品をよくご存知の方ほど、作風が変わったとか、大谷有花の作品らしくないと思われるかもしれませんが、まさにそこがポイントなのです。オリジナリティの追求がアート、とくに現代アートの制作者にとっての至上命題のようなところがあり、私もこれまでの作品ではそう考えながら制作してきましたが、最新の「はなすがた」シリーズにおいては、日本人の感性や美意識という壮大なテーマに立ち向かうための手段として、あえて、ひとりのアーティストとしての個性や感性、美意識といったものを消し去っていくことに必死で取り組んでいます。これがいかに困難なことであるかは、アートを職業とされている方やアート(特に現代アート)を真に理解されている方なら、おわかりいただけると思います。
日本には、古代や中世に詠まれた「詠み人知らず」の和歌などが現代にまでしっかりと残っているといったように、作者個人そのものよりも作品の本質を大切にする文化があると思いますが、それも日本人の感性や美意識がなせる業だと考えています。アーティストとしてのアイデンティティをも消し去った先に、どんな表現世界が見えるのか、楽しみながら苦闘しています。とは言っても、自分の過去の作品を否定したり捨て去ったわけでも、アートのオリジナリティを否定しているわけでもなく、あくまでも、日本人の感性や美意識を表現するために、私なりに考案した手立てのひとつという意味です。

このアーティストルームでは「秋田の美」のエッセンスとともに、海外からのお客さまには和のサプライズを、日本人のお客さまにはしっとりとした癒やしの空間を提供できればと思います。皆さま、機会があればぜひ一度パークホテル東京のアーティストルーム「秋田美人」にご宿泊を!この部屋以外にも趣向を凝らしたアーティストルームがたくさんありますので、いろいろな部屋にお泊りいただき、パークホテル東京のアーティストルームフロアーを存分にお楽しみいただければ幸いです。見学のみの場合は、数室のアーティストルームをホテルスタッフの解説付きで巡る「マジカルアートツアー」も開催していますので、そちらもぜひご利用くださいね。http://parkhoteltokyo.com/event/magical-art-tour/
c0018281_2142377.jpg

c0018281_2143684.jpg
c0018281_2145295.jpg
c0018281_215517.jpg
c0018281_2152592.jpg
c0018281_215464.jpg
c0018281_2155946.jpg

[PR]
by icarts | 2016-04-06 02:28 | Art
<< 大谷有花アーティストルーム「秋... AIHプロジェクトのキーパーソン >>