大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
カテゴリ:etc.( 12 )
福島県金山小学校、小野先生からのメール
c0018281_1118099.jpg福島県・金山小学校の小野先生から、出前アート大学事務局の佐藤さんに届いたメールを転送していただきました。昨年の秋に開催した「出前アート大学@金山小学校」で、全校児童で作った大作は、六年生のみんなが卒業制作として共同で作った素敵な作品タイトル・プレートとともに、金山小学校の玄関ロビーに無事納まったようです。よかった、よかった。
また、小野先生からのメールには、同じ福島県内の海側では現在もなお余震や原発で大変な様子や内陸部にある金山町の震災対応などがユーモアを交え綴られていて、本当に感心。さすが子どもたちの先生です!厳しくも豊かな大自然と常に共存している雪国・奥会津の皆さんの底力と温かさを見た思いになりました。金山町の皆さんはお元気そうで、安心しました。小野先生のメールは現地の雰囲気がストレートに伝わる内容ですので、一部をご紹介します。

--- こちら福島県は、前回のメールをいただいてすぐ大変な震災に遭い、いまだに混乱状態です。会津地方の中でも奥会津と呼ばれる金山町は、地下の岩盤が強固で、あの地震でもびくともしませんでした。放射能の値も0.2マイクロシーベルトで、政府曰く、「健康に被害のない程度」のようですが、あまり気持のいいものではありません。思い出の朝日屋(昨年の出張授業でお世話になった金山町の民宿)にも、浜通りからの避難者が宿泊しているようです。金山町でも、福島県の緊急事態に町をあげて受け入れの態勢を整えたのですが、温暖な浜通りからの避難希望者は、0人だったという、思わず失笑してしまう話もありました。「失礼な!金山町には、物資もガソリンもたくさんあるのに!ついでに雪もいっぱいあるけどね。」というのが、春休みの職員室の笑いのネタでした。出前アート大学の授業後もいろいろと相談に乗っていただき、本当にありがとうございました。作品を校内に飾ることができ、ようやく授業のすべてが終了した気分です。あの震災以来、日本中が動揺し、特に福島県は深刻な状況ですが、みんな元気にたくましく生きていますのでご安心ください。---
[PR]
by icarts | 2011-04-19 11:22 | etc.
いちばん、人を考える会社になる。「第一生命の絆」CSRレポート 2010
c0018281_1275424.jpg<「第一生命の絆」報告書 CSRレポート 2010>が第一生命・CSR推進室から届きました。この報告書は、CSR(企業の社会的責任)の視点から事業活動を報告し、社会・お客様・職員など、さまざまな人(ステークホルダー)とのコミュニケーションを図っていくために発行されており、社内外に幅広く配布されているそうです。社会貢献活動のページでは、「VOICE VOCA展2003 VOCA奨励賞受賞者の声」として、私のコメントもコンパクトに紹介されています。第一生命がスポンサードし、上野の森美術館で毎年開催されているVOCA展は、最近では春の到来を告げる恒例の現代美術展として、また若手現代美術作家にとっての登竜門として、すっかりお馴染みになりました。このVOCA展での各賞の受賞者には特典として、東京・日比谷の第一生命の本社ビル1階にある第一生命ギャラリーで個展を開催する機会が与えられます。賞を与えるだけにとどまらず、その後もしっかりサポートするというアートやアーティストに対するこの企業の姿勢は、さすがメセナ大賞受賞企業!文化支援の本質をわかっている会社です。私は、2005年から2009年まで隔年で計3回、個展をさせていただきました。回を重ねるなかで、オープニングパーティーや仕事の休憩時間などにギャラリーにお越しいただく第一生命の社員の皆さんともすっかり親しくなりました。アート鑑賞というと、まだまだ敷居が高いもの、非日常的なものと考える方も多いようですが、第一生命のように、会社の中にギャラリーがあり、ロビーにはアート作品が常に展示されているという環境があれば、そこで働く人も、その会社を訪れる人も、日常の中でとても気軽にアートに接することができます。こんな会社がもっと多くあれば、日本のアート、いや日本そのものが変わるのにな~。ぜひ他の一流企業でも参考にしてもらいたいところです。

<「第一生命の絆」報告書 CSRレポート 2010>は、第一生命のウェブサイトでも見ることができます。
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/csr/company_csr/report/index.html
ご興味のある方はぜひご覧ください。
[PR]
by icarts | 2010-10-07 12:09 | etc.
アットホームなワインパーティー
c0018281_1542747.jpg先日お知り合いの方にお誘いいただき、ホームパーティーに行ってきました。主催の朴さんは、気さくで朗らかな韓国美人。現在は日本の企業にお勤めで、ワインや野菜の勉強もされているそうで、今回は「スペイン」をテーマにしたワインとお料理でおもてなしをしていただきました。バルセロナのワイナリーで入手されたという各種のワインはどれも最高で、野菜をメインにした朴さんの手料理もとてもおいしかったです。パーティーには、チェロやバイオリンを勉強されている方も来られていて、演奏をしていただきました。優雅な調べとおいしいワインとお料理の数々に、楽しい会話。とても和やかな雰囲気の中、ゆったりした気持ちのいいひとときを過ごさせていただきました。朴さん、お誘いいただいた川端さん、どうもありがとうございました。

今回は、美術関係者は私だけで、他の方々は一般の企業にお勤めとのことでした。現代アートは以前よりはかなり一般的になってきていると思っていましたが、美術関係者ではない方々にとっては、街のギャラリーはまだまだとても入りにくいイメージのようで、話のわかる人だけで盛り上がっているといった印象が強く、興味を持つ前に、踏み込むきっかけがなかなかないということでした。また、自由に観てくださいと言われても、それが逆に難しいというお話もありました。これは昔から本当によく聞く意見ですが、一般の方々にアートにもっと興味を持っていただくためには、楽しみ方が難しいというイメージをまず払拭する必要があるということがお話をしていてよくわかりました。そのためには、作家としては、いい作品を制作し、ご覧いただくことはもちろんですが、こうした一般の方々とお話しをさせていただく折々で、制作者側の視点だけではなく、鑑賞者側の視点を十分考慮しながら、アートの楽しみ方を伝えることができたら本当にいいなと感じた一日でした。
[PR]
by icarts | 2010-04-12 15:10 | etc.
多摩美でのトーク・セッション
c0018281_23571612.jpg
春爛漫、まさに入学シーズンですね~。昨日は、わが母校・多摩美術大学で開催された新入生のための学生生活オリエンテーション内の特別企画「OB・OGとのトーク・セッション」に、パネリストとして参加してきました。自分の入学当時のドキドキ感やワクワク感をちょっぴり思い出しながら、校内を歩き、事前打ち合わせが行なわれる会議室へ。今回のトーク・セッションに参加するのは、森清和浩さん(芸術学科卒業で現在はRobot勤務、松本仁志さん出演のクリック証券やオシム監督出演のスカパーのCMなどを手がけるCMディレクター)と小玉尚弘さん(彫刻科卒業で現在は和太鼓奏者で林業も営んでいる)と私、そして、司会は西洋美術史概論でおなじみの学生に人気の諸川春樹先生です。ご用意いただいたイイオ食堂・特製の豪華なお弁当をいただきながら、なごやかに打ち合わせ後、約900人の新入生が待つTAUホールへ向かいました。

トーク・セッションの本番では、パネリストそれぞれの卒業後の活動や学生時代のなつかしい話や多摩美でのキャンパスライフを楽しむための情報などなど、盛りだくさんの内容となり、最初はやや緊張気味だった新入生の皆さんも最後はどっと大笑い。とても楽しいトーク・セッションとなりました。大学時代は、いろいろ戸惑ったり、壁にぶち当たったりもしたはずですが、今になって思い出すのは楽しかった思い出ばかり。新しい後輩の皆さんには、これから社会に出るまでの4年間、大学生活を通してさまざまな経験をしながら、効率よくなんて考えず、ゆっくりじっくりたくさん余分なことをしながら、自分に何ができるかを探っていってほしいと思います。ともあれ、入学おめでとう!多摩美術大学は、美術を学ぶための環境が整った素晴らしい大学です。たくさん学んで、たくさん遊んでください!トーク・セッションの最後には、和太鼓奏者の小玉さんと特別出演の三味線奏者の星野道映さんによる豪快な生演奏があり、私自身も、とても晴れ晴れとした気持ちになりました。

トーク・セッション終了後、咲き誇る桜を見ながら校内探索。新入生のオリエンテーションさながら、各科の助手さんたちにいろいろ案内していただき、大学を堪能した一日となりました。司会の諸川先生、パネリストの皆さん、お疲れさまでした。学生課の大澤さん、各科の助手の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。
c0018281_23573658.jpg

[PR]
by icarts | 2010-04-10 00:17 | etc.
絹谷幸二賞の贈呈式
c0018281_1342061.jpg「第2回 絹谷幸二賞」の贈呈式が、神保町の学士会館でありました。式には、美術に関係する方々以外にも、政界や経済界など各界の名士の方々、約100名の皆さまに、お忙しい中、ご臨席いただきました。各界のトップの方々を目の前にし、ド緊張しながら、毎日新聞社の菊池常務・主筆から賞状をいただき、受賞者スピーチもなんとかクリアーすることができました。式の最後にスピーチをいただいた絹谷幸二さんからは、「この賞に恥じぬよう、しっかりと制作活動をし、受賞者としての責任を全うして下さい」というお言葉をいただきました。私自身も、美術家としては、これからがいよいよ本番だと思っています。精いっぱいがんばります!
今回の贈呈式では改めて、絹谷さんの人脈の広さに驚きました。美術家としてのパワーはもちろん、それを超越した多くの人を惹きつけるパワー、絹谷さんの人間力のようなものを少しは見習いたいと思いました。

最後に改めまして、若手作家にとってたいへん励みになるこのような素晴らしい賞を創設していただいた絹谷幸二さんと「絹谷幸二賞」にかかわっていただいたすべての皆さまに、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました!
[PR]
by icarts | 2010-03-18 02:40 | etc.
mixi
c0018281_11433122.jpgつい先日、渡辺ゆうかさんの紹介で、mixiに参加してみました。みなさん、mixiって、知っていますか?私自身、まだよくわかっていないのですが、ソーシャル・ネットワーキング・サイトのひとつで、参加者が互いに友人を紹介しあって、新たな友人関係を広げることを目的に開設されたコミュニティ型のWebサイトです。早速、思いがけない出会いがあったりして、なんだか不思議でおもしろそうです。アート関係の人もかなり参加しているようですよ。
[PR]
by icarts | 2005-05-27 12:25 | etc.
芸術的な雲
c0018281_1444512.jpg今日は、風の強い一日でした。私は、やっと花粉症も完治し、鼻呼吸ができるようになり、口を閉じて外出できるようになりました。そして、ぐっすり眠れるようになり、本当によかった~と思っているところです。久々に、芸術的な雲だな~と空を見上げる余裕ができました。
[PR]
by icarts | 2005-05-18 23:58 | etc.
つらい!花粉症
c0018281_531598.jpg近頃、徐々に春らしい陽気になってきたのは、うれしいのですが、たいへんひどい花粉症に・・・。こんなに、空気を吸うのがつらいと感じたことはありません!目、耳、鼻、すべてが痒く、いらいら、いらいらとしてきます。花粉症になってない方はわからないとは思いますが、この痒さは、尋常ではない!痒すぎて、目の玉を取り出して洗いたいと思ったりするほど。また、鼻水は、絶え間なく流れ落ちる始末。先日、たまらなくなって薬局に駆け込み、目薬やマスクを買ってから、少し苦痛が和らぎました。当分の間、各種の花粉症対策グッズのお世話になる日々が続きそうです。今年は、花粉の量が例年をはるかに超える量だとか。確かに、実感・・・。あぁ、早く花粉が収まってほしいと祈るばかりです。
[PR]
by icarts | 2005-03-11 23:15 | etc.
一足早く、春らしく、

今日は、絵画教室の前に、美容室へ。
なんと気がつけば、9ヶ月ぶり!去年は、制作、制作で、なかなか髪の毛に気を遣う余裕がなかったのですが、今年は、忙しくても精神的な余裕を持ちながら、がんばっていこうと思っています。今日は、大学時代からお世話になっている美容室 Nalu Pu loa Ohana (ナルプロア・オハナ)へ。大学の頃、寝癖がついていても、かなりぐちゃぐちゃでも放置していた私を見かねた友人が紹介してくれたのが、ここ。以来、ずっと通っています。いまでは、妹も母も、ここにお世話になっています。この美容室は、表参道にあるにもかかわらず、すごくリラックスできるアットホームなお店です。おまかせでお願いしても、いつも気に入る髪形にしてくれます。私が、カットの最中に、「今日のブログに書きたいんだけど」と話すと、快く写真を撮っていただいたオーナーの勝見さんをはじめ、Nalu Pu loa Ohanaの皆さん、どうもありがとうございました。今回は、一足早く春らしい雰囲気に仕上げていただきました。お店の名前、ナルプロア・オハナは、ハワイ語で「波とともに永遠に・家族」という意味なのだそうです。波に浮かんでいると、なにもかも忘れてリラックスできるという気持ちを、名前にしてあるのだとか。オハナというのは、ハワイ語で家族という意味なんですね。そういえば私の作品にも家族シリーズがあります。Nalu Pu loa Ohana のホームページもご覧くださいね。http://www.nalupuloa.co.jp/
[PR]
by icarts | 2005-03-10 23:49 | etc.
メリークリスマス!
c0018281_3434420.jpg今頃、良い子の皆さんは、ぐっすり眠っていることでしょう。そして、それぞれのサンタさんたちは、そ~っと子供たちの枕元にプレゼントを置いていることでしょう。私はいつまで、プレゼントをもらってたかな~。最近は、子供達には、つらいニュースばかりが続いています。明日は、サンタからの贈り物で、思う存分遊んでね。

チサイさん、サンタ・チョコをありがとう!
[PR]
by icarts | 2004-12-24 22:42 | etc.