「ほっ」と。キャンペーン

大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
カテゴリ:Yokohama( 1 )
横浜高島屋での打ち合わせと年末ご挨拶
c0018281_0312844.jpg「来年のことを言えば鬼が笑う」とはいえ、もうすぐ今年になるので言いますが、2011年は、2年ぶりに個展の開催を予定しています。その打合わせのため、先日、横浜高島屋に伺いました。2011年には、創業180周年!を迎える高島屋。そんな大切な年に、私の個展が9月に、横浜高島屋・美術画廊で開催されます。しかも、横浜高島屋としては、初の現代美術作家の個展開催となるそうで、トップバッターとしての重責を感じます。ということで、美術画廊の垂水由加さん(右)と花坂陽朗さんから、横浜高島屋の特徴などをいろいろご説明していただきました。作家の意図をあくまでも壊さないようにと配慮されながら、たいへん丁寧にご説明いただいたことがとても印象的でした。こちらも、しっかりと心を込めて制作させていただきます。この横浜高島屋での個展につきましては、制作の進行過程や様々な情報をこのブログでも随時お知らせしていこうと思っています。お楽しみに!

c0018281_0363838.jpg今年2010年は、タカシマヤ美術部創設百年記念「美の予感 2010 -新たなるカオスへ-」が2009年末より引き続き、高島屋の主要6店舗を巡回しました。私はこの「美の予感」展への出品をきっかけに、高島屋各店の美術画廊のスタッフの皆さんとお近づきになりました。「美の予感」展に私を推薦していただいた高島屋本社美術部の福田さんには感謝、感謝です!そして、3月には、光栄なことに、毎日新聞社主催の絹谷幸二賞を受賞(第一生命ギャラリーで開催した個展<ライフ>を、高階秀爾先生にご推薦いただきました)することができました。学士会館での華やかな授賞式は、今でも昨日のことのように記憶に残っています。6月には、現代美術作家の中村政人さん率いる「3331 アート千代田」のグランドオープン記念展に絹谷幸二賞の受賞対象となった<ライフ>シリーズの作品群を出品。そして10月には、多摩美術大学校友会主催の「出前アート大学」の講師として、福島県金山小学校で、全校生徒44名を対象に、出張授業を開催しました。金山小学校の子どもたちの元気いっぱいの笑顔は私の財産になりました。そして、2010年のラストを飾ったのも、やはり高島屋!先日の12月25日に終了したばかりの新宿高島屋でのクリスマス企画展でした。

2010年は、いろいろなジャンル、いろいろな立場の方々とお知り合いになれた年で、多くの方々から新鮮な刺激をいただきました。私にとっては、まさに「社交の年」となりました。相模原市のシティセールスサポーターとしての活動も含めて、本当に「出会いに感謝」の一年でした。ありがとうございました!また、個展をお休みしたことで冷静になれたということもあり、一般社会と美術のあり方、現代美術の立ち位置を客観的かつ多角的に考察することができた年でもありました。これまで毎年毎年、個展を開催してきましたが、勇気を持って休むことも時には必要だと実感しました。

2011年は、9月7日(水)- 9月13日(火)の会期で、横浜高島屋・美術画廊にて、主に平面作品を中心に、個展を開催します。また、10月8日(土)- 11月5日(土)の会期で、GALLERY MoMo Ryogokuにて、主にインスタレーション作品を中心とした展示を行なう予定です。2010年に得たものや感じたことが、どのような形で作品に反映され表現されるか、私自身もとても楽しみにしているところです。

末筆ながら、本年もたいへんお世話になりました。心より御礼申し上げます。皆さまのご健康とご多幸を祈りつつ、この投稿をもちまして、年末のご挨拶とさせていただきます。2011年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by icarts | 2010-12-30 00:35 | Yokohama