大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
等伯を観に東博へ!
c0018281_11174715.jpg桜の開花宣言があった昨日、上野公園の東京国立博物館に行ってきました。「長谷川等伯」展はこの日が最終日ということもあって、予想通りの大賑わいで、平成館の前には長蛇の列。あまりの人気のため、この連休中は閉館時間を大幅に延長したらしいです。この等伯展は、約ひと月ほどの短い会期にもかかわらず、入場者数は29万人を突破したそうです。歴史の評価に耐え、400年後の今日まで残ってきた等伯の作品が持つ本物の気品と緊張感が、今なお、これほど数多くの人たちを魅了するのかもしれません。
東博には、本館をはじめ、平成館、表慶館、東洋館、そして法隆寺宝物館があり、どの建物も建てられたその時代をよく表していて、建物だけを観ていても飽きません。また、各館の収蔵品は、絵画や工芸から、書、彫刻、織物などに至るまで、さまざまな時代の文化の証ともいうべき名品が数多く、何回訪れても新鮮な発見や驚きがあります。館内を巡っていると、さまざまな時代のさまざまな名品たちから、「あなたは現代に何を表現できますか?」と問いかけられているような気持ちになるのは、私が美術を職業としているからでしょうか。
各館をゆっくり観ていると、いつの間にか、夕方に。長蛇の列がほぼ消滅したのを見計らい等伯展へ。この展覧会の展示内容などは、すでにいろいろなウェブサイトやブログなどで紹介されていますので、いまさらここで記す必要はないと思いますが、等伯の絵画世界の変遷がよくわかる充実した内容の展覧会でした。関西にお住まいの方は、4月10日から、京都国立博物館でご覧になれますので、お楽しみに!

写真は、本館14室の特集陳列「おひなさまと人形」で見つけた御所人形(水引手)前掛
かわいすぎ!
[PR]
by icarts | 2010-03-23 11:20 | Art
絹谷幸二賞の贈呈式
c0018281_1342061.jpg「第2回 絹谷幸二賞」の贈呈式が、神保町の学士会館でありました。式には、美術に関係する方々以外にも、政界や経済界など各界の名士の方々、約100名の皆さまに、お忙しい中、ご臨席いただきました。各界のトップの方々を目の前にし、ド緊張しながら、毎日新聞社の菊池常務・主筆から賞状をいただき、受賞者スピーチもなんとかクリアーすることができました。式の最後にスピーチをいただいた絹谷幸二さんからは、「この賞に恥じぬよう、しっかりと制作活動をし、受賞者としての責任を全うして下さい」というお言葉をいただきました。私自身も、美術家としては、これからがいよいよ本番だと思っています。精いっぱいがんばります!
今回の贈呈式では改めて、絹谷さんの人脈の広さに驚きました。美術家としてのパワーはもちろん、それを超越した多くの人を惹きつけるパワー、絹谷さんの人間力のようなものを少しは見習いたいと思いました。

最後に改めまして、若手作家にとってたいへん励みになるこのような素晴らしい賞を創設していただいた絹谷幸二さんと「絹谷幸二賞」にかかわっていただいたすべての皆さまに、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました!
[PR]
by icarts | 2010-03-18 02:40 | etc.
「美の予感 2010」展 @ 高島屋 新宿店
c0018281_21513735.jpg私も作品を出品している高島屋の巡回展「美の予感 2010 -新たなる平面のカオスへ-」は、昨年末、日本橋店からスタートし、大阪や京都、横浜、名古屋を巡回し、各地でご好評をいただきましたが、いよいよ最終展示となる新宿店での展覧会開催をもって巡回のフィナーレを迎えます。新宿店での会期は、3月10日(水)より3月16日(火)までとなっています。東京エリアにお住まいの方で、日本橋店での展示をお見逃しになった皆さまは、ラストチャンスとなるこの機会に、ぜひご高覧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

「美の予感 2010 -新たなる平面のカオスへ-」
2010年 3月10日(水)- 3月16日(火)  
高島屋 新宿店 10F 美術画廊
午前10時 - 午後8時 / 土曜のみ : 午前10時 - 午後8時30分
最終日は午後4時まで / 入場無料
[PR]
by icarts | 2010-03-08 01:59 | Information
「第2回 絹谷幸二賞」の特集記事
c0018281_16334113.jpg
本日、3月7日(日)の毎日新聞・朝刊に、今回の「絹谷幸二賞」の受賞者の紹介や作品写真、選考委員の選評、選考の経緯などが特集記事として掲載されました。毎日新聞のウェブサイト<毎日jp>では、この特集記事のテキスト部分のみご覧いただけます。

ウェブサイト<毎日jp>に掲載されている「第2回 絹谷幸二賞」の特集記事(テキスト部分のみ) ↓
http://mainichi.jp/enta/art/news/20100307ddm010040026000c.html
http://mainichi.jp/enta/art/news/20100307ddm010040029000c.html
[PR]
by icarts | 2010-03-07 16:47 | Information
「たまびNEWS」の取材
c0018281_0265650.jpg今日は、「たまびNEWS」の取材があり、母校・多摩美術大学へ行ってきました。今回は、多摩美の学内誌「たまびNEWS」に掲載するインタビュー記事ということで、卒業後、社会に出てからどのようなことに気をつけながら継続的に作品を制作し、発表してきたかについて重点的に取材を受けました。私が学生の頃もそうでしたが、そのあたりのことは、作家を志す学生たちにとって、とても気になることです。ただ、作家によって活動の仕方は十人十色で、どういう方法が一番いいのかはわからないし、決められないと思いますが、私の個人的な経験をお話しすることで、後輩諸君にとって何かの参考になれば嬉しいですし、ささやかな母校への恩返しになればと思って、少し具体的にいろいろお話しさせてもらいました。このインタビュー記事は、次回発行の「たまびNEWS」に掲載されると思いますので、作家を目指す多摩美生はチェックしてみてください。「たまびNEWS」のウェブ版では、すでに絹谷幸二賞受賞の記事を掲載してもらっています。こちらはどなたでもご覧いただけますので、よかったらアクセスしてみてください。

「たまびNEWS」 http://www2.tamabi.ac.jp/news/

写真は、インタビュアの多摩美術大学 企画広報部の池田愛子さんです。
[PR]
by icarts | 2010-03-04 00:31 | Information
FMラジオの番組収録
c0018281_1833087.jpg本日、FMラジオ番組の収録がありました。絹谷幸二賞を受賞しての感想や今後の抱負などについてお話ししました。この番組は「THE VOICE」という番組で、各界の話題の人物本人に直接話を聞くという5分間の取材番組です。オンエア局は、東北や北関東、中国、四国、九州など、地方のFM局で、東京や私の地元・神奈川では聴けないのが残念ですが・・・。今回取材していただいたメディアサウンズの脊戸(せと)恵美子さんは私と同年代の方。場を和やかにしていただいたおかげで、あまり緊張せずに無事収録が終了しました。お疲れさまでした。収録場所は、両国のGALLERY MoMoさんの接客ルームを使わせていただきました。ありがとうございました。放送日は、3月10日です。各局の放送エリア内にお住まいの方はよかったら聴いてみてくださいね。オンエア局とオンエア日時は下記の通りです。(一部の局はオンエア時間が異なります。)

番組名 : THE VOICE
オンエア日時 : 3月10日(水) 13:55-14:00
FM岩手、FM秋田(16:55-)、FM山形、FM群馬(12:55-)、FM栃木、
FM長野、FM福井(16:55-)、FM岡山、FM高知(10:55-)、FM大分、
FM宮崎(7:55-)、FM鹿児島(19:55-)
[PR]
by icarts | 2010-03-02 18:41 | Information