大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
癒しの路線・JR只見線 <出前アート大学・番外編>
c0018281_1282480.jpg今回、多摩美・校友会の「出前アート大学」の下見で、福島県の金山町に行くために利用したJR只見線は、新潟県魚沼市から福島県会津若松を結ぶローカル線です。私が乗ったのは、2両編成の電車で、なんと冷房設備がない!車内には昭和の風情が漂う扇風機が回っていました。この只見線沿線は標高が高いところが多いからか、電車の窓から入る風は心地良く、特にトンネルに入ると、ひんやりした風がどっと車内に流れ込み、まさに天然クーラー。車内の温度を一気に下げてくれます。そして一番驚いたのは、普通の電車にもかかわらず、車内に観光車掌さんが乗っていること。乗客に車窓から見える数々の見所を案内してくれるガイドさんです。新潟県魚沼市の田園風景を見ながら魚沼産コシヒカリ誕生の秘話や田植えのこと、おいしい地酒の話など盛りだくさん。その観光車掌さんと仲良くなったので、校友会の菅原さんと佐藤さんが自己紹介のついでに、出前アートの話をしてみるとすっかり意気投合。ということで、只見線のブログにそのときの様子が載っていますのでご覧ください。
c0018281_21383486.jpg
写真・左から : 観光車掌さんにサインを頼まれました(私の隣りは多摩美・校友会 理事の菅原さん)、JR只見線を走るややレトロな電車、会津川口駅の駅員さん

新潟県魚沼担当の観光車掌さんとは、福島県へ入るところでお別れとなりました。楽しいひとときでした。新潟県を越えて福島県に入り、会津川口駅に到着すると、そこには只見川に寄り添うように駅のホームが・・・。川霧の立つその光景のあまりに幻想的な美しさに、ここは黄泉の国かと、一瞬錯覚を覚えそうになりました。「日本の秘境100選に只見川の源流域のひとつである尾瀬が選ばれ、旅番組でおなじみの関口知宏さんも訪れた」と朗らかに、今度は会津川口駅の駅員さんが自ら観光案内をしてくれました。この駅は、午後7時以降はほとんど乗降客がいないそうです。しかし、只見川と寄り添うこの駅の佇まいの美しさは、鉄道ファンをはじめ、訪れる人の心を離さないでしょう。遠方からここを訪れる人が多いのも頷けます。このJR只見線、人を運ぶという役割以外に、人を癒す効能がある路線です。
c0018281_11395380.jpg
写真・左から : 金山小学校の皆さんと、金山町の教育長さんと、大荷物でがんばる多摩美・校友会 事務局の佐藤さん
[PR]
by icarts | 2010-08-04 11:44 | Art
奥会津の金山町へ <出前アート大学>
c0018281_1454599.jpg多摩美術大学校友会の企画(出前アート大学)で、今年10月に福島県の金山町立金山小学校でワークショップ(出張授業)を行なうことになり、先日その下見に、現地まで行ってきました。奥会津の北部(新潟県側)に位置する金山町は予想していた以上に秘境の地でした。校友会の菅原理事と事務局の佐藤さんとともに、JR只見線という、鉄男(鉄道マニア)にはたまらないという哀愁漂うローカル線に2時間揺られ、(東京から約6時間!)会津川口駅に到着。会津川口駅は幻想的な川霧の立つ只見川に寄り添うような場所にあり、映画のワンシーンを思わせる風情でした。駅を出て徒歩で、早速、金山小学校へ。小学校が夏休み期間にもかかわらず、教頭先生と小野先生にお出迎えいただきました。在校生は1年生から6年生まで全員で44名。あまりの少なさに驚いていたら、町にあるもう一つの小学校は18名だとのこと。町の98%が森林で、65歳以上の人口が55%を占めている金山町。「いわゆるニュースなどでもいわれている限界集落どころか、限界の限界いったところでしょ~~。」と、町の実情とは裏腹に、皆さん明るくお元気でした!学校や町のことなど、いろいろお話をお聞きし、校内を案内していただきました。
c0018281_10413632.jpg
写真・左から : 幻想的な川霧が立つ只見川に寄り添う会津川口駅、車窓の風景は山また山、坂道の先に小学校が・・・

当然日帰りは無理なので、この日は朝日屋さんという民宿に一泊。かなり久しぶりの民宿体験です!携帯電話の電波もまったくつながらない、コンビ二も一軒もない標高519メートルのこの地域。なんと高尾山山頂と同じくらいなのです!情報ではわかっていたのですが、体験すると、その時間の流れの違いは予想以上に私の感覚に強く響いたようです。翌早朝の清々しさといったら・・・、言葉にできないくらいでした!二日目は、町役場で金山町の教育長さんにご挨拶し、お話をお伺いしたり、町の施設を拝見させていただきました。帰りは、カメラや書類などで大荷物の佐藤さんと、途中の会津若松駅で牛めし弁当を楽しんだり、起き上がり小法師のかわいらしさに魅了されたりしつつ、あっという間に駆け足の視察は終了しました。10月に金山小学校の子どもたちとワークショップをするのがとても楽しみになってきました。金山町の皆さんは朗らかで人柄が良く、地域の皆さんが全員知り合いというのも、なんともすごい!そんな皆さんと楽しい時間を共有できればいいなと思っています。
c0018281_1042149.jpg
写真・左から : 金山小学校の先生方、懐かしさを感じる教室、民宿・朝日屋で一日田舎暮らし体験
[PR]
by icarts | 2010-08-02 11:07 | Art