大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
アトリエ通信 ~作品との対話から~ 2011/7/30
c0018281_1037424.jpg手は職業を表すといいますが、私はジュエリーショップにいくと必ず、「お仕事は何をされていますか?」と尋ねられます。なぜかな?と思っていたのですが、私の指先は、ごつごつしていて、それに対してすごく爪が小さいのです。女性にしては珍しいのでしょう。日頃から、キャンバスを木枠に貼ったり、大きな刷毛で絵の具を伸ばしたしているので、指先は次第にたくましくなり、一方、絵の具などが爪に挟まりやすいので、爪をこまめに切っているうちに、どんどん小さくなってしまいました。そのおかげで、iPhoneの小さなキーボードはとっても打ちやすいのです。う~~ん。。。

◆◇◆◇ 横浜高島屋での個展開催まで、あと39日! ◆◇◆◇

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ
[PR]
by icarts | 2011-07-30 10:42
不忍画廊での東日本大震災チャリティー展の結果報告
c0018281_1836728.jpg5月に東京・八重洲の不忍画廊で開催されました「ウサギマミレ、マレニネコ」展にお越しいただきました皆さま、誠にありがとうございました。入場料は最終日を迎えた時点で、296,000円が集まったとのこと。また、私の出品作「ウサギねずみの対話 Ver.35 -lifeline- (1)」をお買い上げいただいたお客さま、誠にありがとうございました。この作品を含め、この展覧会の売り上げの10%は不忍画廊から東日本大震災の被災者支援のための義援金として寄付されます。また、私とアイ・シー・アーツによる<ライフライン・プロジェクト>からも、この作品の販売金額の30%を日本赤十字社を通して義援金として寄付させていただきます。
出品作「ウサギねずみの対話 Ver.35 -lifeline-」は、今回の大震災によって日本全体に生まれた連帯感と今日の生活があるありがたさと危うさを表現に織り込みつつ、この作品をご覧になる方を常に励まし続けるような作品になればとの思いを込め、制作させていただきました。この作品が、お買い上げいただいたお客さまの日々の生活を潤し、励まし、人生の苦楽を共にしていただけるような存在なれば誠に幸いです。

今回このチャリティー展を企画されたのは、不忍画廊の荒井裕史さん。荒井さんからは気がつけば、いつも「ウサギねずみ」のリクエストですね。ご自身や先代オーナーも「ウサギねずみ」シリーズの作品を持っていただいているだけあって、今回も「ウサギねずみ」のご依頼で、なんだか作者としては、微笑ましくもうれしく感じました。アートに携わる者同士、皆で、これからもお客さまと作品を繋げながら、被災地を支援していきましょう。お疲れさまでした!

以下のウェブページでは、不忍画廊による義援金寄付の詳細が公開されています。
http://www.shinobazu.com/artists/2011usagi/index.htm

あと2点の「ライフライン」シリーズの作品は、GALLERY MoMo Ryogoku横浜高島屋・美術画廊でご覧いただけます。御用命の際は、各店に直接ご確認いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by icarts | 2011-07-25 18:50 | Art
アトリエ通信 ~作品との対話から~ 2011/7/22
c0018281_1329587.jpg作品を制作しているときは、普段の日常生活と時間の流れが全く違います。別の空間を旅しているような、そんな感覚です。作品の画面から異次元の空間が立ち上がってきて、どんどんその中に引き込まれていく感じです。あまりに引き込まれすぎて、絵から離れられなくなって、そのまま3日間!みたいなこともあったりします。とほほ〜〜〜。

写真は、横浜高島屋での個展のDMに使用する予定の作品(部分)です。(チラ見せで、すみません)

◆◇◆◇ 横浜高島屋での個展開催まで、あと47日! ◆◇◆◇

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ
[PR]
by icarts | 2011-07-22 13:32 | Art
アトリエ通信 ~作品との対話から~ 2011/7/18
c0018281_948259.jpg先日は、9月7日から始まる個展の打ち合わせのため、横浜高島屋の美術画廊に行ってきました。高島屋は今年で創業180周年を迎えるそうです。幕末の騒乱を迎える少し前の京都烏丸に、1831年(天保2年)、呉服商として開業したとのこと。(ちなみに、坂本龍馬は1836年生まれ。)何事も長く続いていくというのはすごいことですね。そういえば、高島屋の美術部は昨年、創設100周年を迎え、様々な新機軸の展覧会などを企画し、美術愛好家を楽しませてくれました。私もその一環のグループ展に出品させていただきましたが、今回の横浜高島屋での個展は私自身、百貨店では初めての個展開催となります。
今回、私の個展を担当していただくのは、垂水さん(写真・左)と花坂さん。お二人とも素敵な笑顔が印象的で、物腰の柔らかな対応はさすが老舗百貨店の美術部員さんです。そんなお二人と話していると、アートに携わってる方は、実際の年齢よりも若く見えるな~と、ふと思ったりします。日常的にアート作品と触れ合って、美的感覚がいつも刺激されているからかも。

◆◇◆◇ 横浜高島屋での個展開催まで、あと51日! ◆◇◆◇

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ
[PR]
by icarts | 2011-07-18 09:51 | Art
アトリエ通信 ~作品との対話から~ 2011/7/17
c0018281_1074433.jpgアートのある空間は、エネルギーを与えてくれるような気がします。私は仕事柄、作品を作り上げる過程で、常にそれぞれの作品と対話を重ねていくのですが、日常の場面で、例えば美術館に行ってアート作品を鑑賞する時にも、それぞれの作品との新たな対話を楽しんでいます。アート作品は観る人の感性を刺激したり、思いを受け止めてくれたり、新たなエネルギーをくれたりしますよね。あの3.11の大震災で、私自身も心身ともに強い衝撃を受け、制作が滞った時期がありましたが、ある日、部屋の絵画を掛け替えてから、気分がとてもリフレッシュされ、新たな制作に打ち込めるようになりました。アート作品を作る私自身もアートに支えられている。心を支えてくれるアートの存在はとても大切です。

◆◇◆◇ 横浜高島屋での個展開催まで、あと52日! ◆◇◆◇

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ
[PR]
by icarts | 2011-07-17 10:11 | Art
アトリエ通信 ~作品との対話から~ 2011/7/12
c0018281_21514160.jpg私は、キャンバスに筆で絵の具をこすりつけて描き、絵の具が乾いたら、また重ねて塗りを繰り返し、徐々に空間を出していきます。キャンバスに絵の具を薄く伸ばすには、結構な力でこすりつける必要があります。そのおかげで、あっという間に、筆先がすり減ります。だいたい、100号サイズ・2枚くらいを同じ筆1本で描くと、写真のような感じで減っちゃいます。均等な力で動かすため、筆先が綺麗に均等に削れるのですね~。強くこすり付けるため、キャンバスもパンパンに張っていないと、描いているうちに緩んでしまいますから、ガッチリと張っています。上の写真は、 新しい筆(右)と使用済みの筆(中と左)。

◆◇◆◇ 横浜高島屋での個展開催まで、あと57日! ◆◇◆◇

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ
[PR]
by icarts | 2011-07-12 21:56 | Art
アトリエ通信 ~作品との対話から~ 2011/7/5
c0018281_12352012.jpg節電の夏、皆さん、いかがお過ごしですか?
私は、9月の個展に向けて、ただいま懸命に制作しています。たくさんのイメージがある中で、最良を選択していくのは至難の技。どのイメージも「私から仕上げて!」と言わんばかりに主張してくるので、作者としてはとてもたいへんですが、作品制作は、作品との対話。それは純粋に、描く楽しみ、喜びであり、創造力とともに作品からエネルギーが溢れ出てくるのが実感できるうれしい瞬間でもあります。

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ
[PR]
by icarts | 2011-07-05 12:42 | Art