「ほっ」と。キャンペーン

大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
神奈川新聞社の社外委員会
c0018281_10395424.jpg
「対話の記憶」のためのドローイング (3)
2011年
紙にアクリル、水彩
25.5 x 36 cm (イメージ・サイズ)
39.5 x 54.5 cm (ペーパー・サイズ)

昨日は、神奈川新聞社の社外委員会の会議と懇親会がありました。出席者は、神奈川新聞社から掘田社長をはじめ重役クラスの方々10名と県央・相模原地域の社外委員10名。 私は相模原市のシティセールスサポーターとしてのお役目の一環として、この社外委員会の末席に名を連ねることになりました。この会議は、それぞれ社会的立場の異なる社外委員の様々な意見やアイディアをこれからの神奈川新聞の紙面作りや経営に活かしてもらうことが目的となっています。私以外の社外委員の皆さんは、県央・相模原地域における各界のリーダーの方々で、皆さんそれぞれに高い見識とバックボーンを持たれているだけに、言葉に重みと強さ、説得力があり、皆さんの発言をお聞きしているだけで、私自身もとてもいい勉強になりました。もちろん、私は私なりの考えやアイディアを述べさせていただきました。私の作品のコンセプトである対話から生まれる可能性を十分に感じられる有意義な会議となりました。
ご承知のように、インターネットの普及や日本経済の低迷などにより、全国紙、地方紙を問わず、新聞各社の経営はたいへん厳しい局面を迎えています。人の温かみを感じることのできる貴重なメディアである新聞が大好きな私としては、インターネット社会における新聞のあり方やより魅力的な紙面作りのためのアイディアを、今後もこういう機会があればいろいろ提言していきたいと思っています。ともあれ、シティセールスサポーターになったおかげで、今回も美術家としての活動だけでは味わえない貴重な経験をさせていただきました。

◆◇ GALLERY MoMo Ryogokuでの個展開催まで、あと10日! ◇◆

「大谷有花 展 -対話の記憶- 」
2011年 10月8日(土)- 11月5日(土)
GALLERY MoMo Ryogoku
午前11時から午後7時まで / 日曜、月曜、祝日は休み
地下鉄・大江戸線・両国駅 A3出口より徒歩1分 (改札正面のエレベーターがA3出口になります)
JR両国駅 東口より徒歩約5分

* オープニングレセプション : 10月8日(土) 午後6時から午後8時まで
[PR]
by icarts | 2011-09-28 15:04 | Sagamihara
GALLERY MoMo Ryogokuでの個展まであと2週間!
c0018281_0511248.jpg
「対話の記憶」のためのドローイング (2)
2011年
紙にアクリル、水彩
25.5 x 36 cm (イメージ・サイズ)
39.5 x 54.5 cm (ペーパー・サイズ)

GALLERY MoMo Ryogokuでの個展まであと2週間となりました。月日の経つのは早いもので、MoMoさんでの個展は今回で7回目となります。そんなラッキーセブンの今展は、珍しくインスタレーションによる展示ということで、私の個展ではこれまた珍しく、ドローイング作品も展示予定です!
上の画像は、キミドリ(創造)のつながりを表現したマス目の版を下地にして、今回のインスタレーション・プランを描いたドローイング作品です。私としては、こういう種類のドローイングを描くのは今回が初めての試みで、楽しみながら制作することができました。意外とおもしろい作品に仕上がっていると思いますので、ぜひ展覧会会場で実物をご覧いただければ幸いです。

◆◇ GALLERY MoMo Ryogokuでの個展開催まで、あと14日! ◇◆

「大谷有花 展 -対話の記憶- 」
2011年 10月8日(土)- 11月5日(土)
GALLERY MoMo Ryogoku
午前11時から午後7時まで / 日曜、月曜、祝日は休み
地下鉄・大江戸線・両国駅 A3出口より徒歩1分 (改札正面のエレベーターがA3出口になります)
JR両国駅 東口より徒歩約5分

* オープニングレセプション : 10月8日(土) 午後6時から午後8時まで
[PR]
by icarts | 2011-09-24 00:56 | Art
東京・両国のGALLERY MoMoでの個展開催のお知らせ
c0018281_17383013.jpg
「対話の記憶」のためのドローイング (1)
2011年
紙にアクリル、水彩
25.5 x 36 cm (イメージ・サイズ)
39.5 x 54.5 cm (ペーパー・サイズ)

来月・10月8日(土)より、東京・両国のGALLERY MoMo Ryogokuにて、インスタレーション作品を中心とした個展を開催予定です。
このGALLERY MoMo Ryogokuでの展示は、9月に横浜高島屋で開催した「対話」をテーマとした絵画展の立体(3D)版というべき内容となる予定です。
ぜひご高覧いただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
以下は、本展のプレスリリース用に書いた作家コメントです。


学生時代、絵画による作品表現に行き詰まりを感じていた時期、インスタレーションという美術表現に興味を持ち、インスタレーション作品を数多く制作していました。しかし、そのうちに、もっと多くの人に作品を観てもらいたいという表現者としての本能的な欲求と、ある特定の場所で展示し、その場に足を運んで観てもらう必要があるインスタレーションという表現手段の間にズレを感じるようになりました。<その場>に多くの人に来てもらうことが難しいなら、多くの人がいるところに、<その場>を持ち運べるようにすればいいという発想から、2000 年に制作したのが、「トラ・オリ・キミドリの部屋」という作品です。

これは、<その場>である「キミドリの部屋」の前に、細い針金でできたヨレヨレの檻の中にいる紙粘土でできたトラのオブジェを配置した作品で、絵画とオブジェの組み合わせによる複合型の作品です。この作品の制作が発端となり、再び絵画という表現手段に大きな可能性を感じ、以降、本格的に絵画表現の本質を追究する道を歩むことになりました。

今展の展覧会タイトルは、「対話の記憶」としました。これまでも「ウサギねずみの対話」シリーズなどで、対話をテーマとした作品を数多く制作してきましたが、この度の東日本大震災を機に、対話の必要性や重要性を改めて認識することとなり、今年9 月には横浜高島屋で、「それぞれの対話から生まれるストーリー」というタイトルの絵画展を開催しました。今回、ギャラリー側からのご提案もあり、本当に久しぶりにインスタレーション作品を発表する機会を得、絵画作品である「ウサギねずみの対話」の舞台をGALLERY MoMo Ryogoku の空間に再現してみようと考えました。これは、インスタレーションと絵画の融合というと少し大袈裟ですが、「体験する絵画」というべき作品だと思っています。ぜひ、GALLERY MoMo Ryogoku で、「ウサギねずみの対話」のステージをご体験下さい。


◆◇ GALLERY MoMo Ryogokuでの個展開催まで、あと14日! ◇◆

「大谷有花 展 -対話の記憶- 」
2011年 10月8日(土)- 11月5日(土)
GALLERY MoMo Ryogoku
午前11時から午後7時まで / 日曜、月曜、祝日は休み
地下鉄・大江戸線・両国駅 A3出口より徒歩1分 (改札正面のエレベーターがA3出口になります)
JR両国駅 東口より徒歩約5分

* オープニングレセプション : 10月8日(土) 午後6時から午後8時まで
[PR]
by icarts | 2011-09-22 00:25 | Art
コラボアクセサリー、いよいよ販売開始!
c0018281_0581754.jpg
<高島屋180周年記念企画 ジャパンビューティー・アクセサリーコラボ 大谷有花 X ポンテヴェキオ>から生み出された商品「高島屋限定・K18イエローゴールド カラーダイヤモンド ネックレス」が、いよいよ本日・9月14日から、正式に販売開始です!(販売数量限定のためお早めに!)c0018281_0592448.jpg
本当にとても素敵なネックレスですよ。横浜高島屋と新宿高島屋の婦人アクセサリー売り場にある<ポンテヴェキオ>でご覧いただけますので、ぜひ本物のダイヤモンドの輝きをお確かめ下さい。右の写真は、横浜高島屋・1階の婦人アクセサリー売り場<ポンテヴェキオ>店長の林幸美さんと。ご興味のある方は、やさしい笑顔の林店長やお店のスタッフの皆さんに気軽に声を掛けてみて下さいね。
[PR]
by icarts | 2011-09-14 01:06 | Information
横浜高島屋での個展が終了しました!
c0018281_23301559.jpg
本日の最終日にも、たくさんのお客さまにお越しいただき、ありがとうございました。横浜高島屋・美術画廊で開催していました「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー」は、本日無事に終了しました。

今展に向けて練っていた展示プランを3月の大震災を機にすべてリセットし、新たに練り直した展示プランのテーマが「対話から生まれる可能性」でした。そして今回、対話の重要性とそこから生まれる新たな可能性は必ず日本が立ち上がるパワーとなるというメッセージを強く表現した100号の連作「ウサギねずみの対話」を発表させていただきました。幸いなことに、百貨店での展示ということもあり、1週間という短い会期ではありましたが、多くのお客さまに今展をご高覧いただくことができ、結果的にこのメッセージを多くの方々にお伝えすることができたことをたいへんうれしく思っています。c0018281_2344387.jpgこれもひとえに、今展にかかわっていただいた多くの皆さまのご尽力の賜と心より感謝申し上げます。とりわけ、横浜高島屋・美術部の垂水さん、花坂さんをはじめ、高島屋の皆さまの細やかなバックアップはたいへんありがたく、今展をより良いものにしようと、それぞれのお立場でお力を発揮していただき、作品とお客さま、私自身とお客さま、それぞれの対話の場をご提供いただき、それぞれの対話を深める演出をしていただけたことに深く御礼申し上げます。おかげさまで、これからの10年の始まりに相応しい展覧会となりました。これからも、おひとりでも多くの方の日常生活に寄り添いながら心を穏やかに満たすことができるような作品を制作してゆきたいと思っています。そして、お客さまと展覧会をつなぐ素敵な記事を掲載していただいた新聞記者の皆さま、ありがとうございました。最終日には、毎日新聞の岸桂子さんもお忙しい中、時間を割いてお越しいただきました。c0018281_23165525.jpg

最後になりましたが、今展で作品をお買い求めいただきました皆さま、心より御礼申し上げます。皆さまとの出会いと対話、そして、おひとりおひとりの素敵な笑顔は、私の誇りであり、大切な財産であり、新たな制作のパワーとなるものです。誠にありがとうございました!これからも何卒よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by icarts | 2011-09-13 23:29 | Art
msn 産経ニュースに掲載していただきました!
c0018281_2311316.jpg
スモール・ピース キミドリの風景 Ver.7
2010年
キャンバスに油彩  
16 x 68 cm 


現在、横浜高島屋で開催中の「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー」は、明日・9月13日で最終日を迎えます。1週間という展覧会会期は本当にあっという間ですね~。

先日、ウェブニュースサイト「msn 産経ニュース」の9月10日付「週末美シュラン」で、今展をご紹介いただきました。そのおかげで、Yahoo!ニュースのヘッドラインにも取り上げられました。記事の見出しは、「画家の予知能力とは」。今回取材していただいた産経新聞社・文化部の渋沢和彦さんには、2003年にVOCA奨励賞を受賞した時からたいへんお世話になっています。先日、今展会場にお越しいただき、久しぶりにお会いすることができました。渋沢さんの親しみやすい明るさとバイタリティーは今なお健在で、うれしくなりました。渋沢さんの「がっはは!」という笑い声とともに「よ~、元気だった~?」で始まった取材は、冒頭から渋沢節が炸裂。世間話からいつの間にか作品の話になり、様々な切り口からするすると話題を引き出していただき、とてもスムーズに取材が進みました。記事では、今展に「海景」シリーズの中で唯一出品している「スモール・ピース キミドリの風景 Ver.7」などをご紹介していただいています。ありがとうございました。

ウェブニュースサイト「msn 産経ニュース」の9月10日付「週末美シュラン」の記事 ↓
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110910/art11091012010003-n1.htm


◆◇◆◇ 横浜高島屋での個展、開催です!9月13日(火)まで! ◆◇◆◇

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
午後10時から午後7時30分まで (最終日は、午後4時まで)
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ

在廊予定日時 : 9/7は終日、9/8 ~ 9/12は午後2時頃より午後6時30分頃まで、9/13は午後1時頃より午後4時まで
(上記、在廊予定日や在廊時間は、都合により変更になる可能性もあります。)
[PR]
by icarts | 2011-09-12 23:25 | Art
出品作品について 4 / 黒い本 -創造の木-
c0018281_1565986.jpg
黒い本 -創造の木-
2009年
キャンバスに油彩   
73 x 91 cm (F30号)


今展は、私自身、横浜での初めての作品展示となり、また、百貨店での個展も今回が初めてということで、自己紹介的な意味も込めて、新作の中に過去に制作した作品を織り交ぜて展示しています。この作品は、2010年に受賞した毎日新聞社 主催の「第2回 絹谷幸二賞」の受賞対象となった「life」シリーズの中の一点です。
天まで届きそうな大きな木が、その枝にたくさんの果物を実らせています。この作品は、2007年に発表した「ピクニック」シリーズがもとになっています。「ピクニック」シリーズでは、それぞれ特徴のある木を、キャンバスを2枚つなげた中央に描きましたが、ここでは見開きの本の中央に大きな木が描かれています。大地にしっかりと根を張る大木の根元には小さな家があり、白い鳥は大きな木の下を自由に羽ばたいています。小さな家は私たちひとりひとりの生活、もしくは私が創造の場とするアトリエを表現しています。地球上ではそれらは、それぞれとても小さな存在であること。c0018281_159331.jpgしかし、創造する能力は、それぞれの人生において、限りない可能性を秘めているということを表現した一枚です。芸術を楽しむように、そして羽ばたく白い鳥のように自由に、ひとりひとりがそれぞれの可能性を楽しみながら暮らしていくことができればという思いで描いた作品です。


◆◇◆◇ 横浜高島屋での個展、開催です!9月13日(火)まで! ◆◇◆◇

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
午後10時から午後7時30分まで (最終日は、午後4時まで)
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ

在廊予定日時 : 9/7は終日、9/8 ~ 9/12は午後2時頃より午後6時30分頃まで、9/13は午後1時頃より午後4時まで
(上記、在廊予定日や在廊時間は、都合により変更になる可能性もあります。)
[PR]
by icarts | 2011-09-12 02:01 | Art
出品作品について 3 / ウサギねずみの対話 Ver. 35 -lifeline- (4)
c0018281_11515.jpg
ウサギねずみの対話 Ver. 35 -lifeline- (4)
2011年
キャンバスに油彩
97 x 130 cm (F60号)


手と手が繋がり、それが地平となる。そこには家族(家)があり、可能性の花(想花)が咲いている。ライフラインという言葉は、日本ではいつの頃からか、メディアなどで、電気、ガス、水道、電話などの日常生活に不可欠な線や管で結ばれたシステムの総称として使われるようになりましたが、本来は文字通り、命綱(=生命をつなぎとめる綱)という意味です。今回の東日本を襲った未曾有の大震災の直後、被災された方々への支援の輪が急速に広がったことは、c0018281_123354.jpgまさに地獄に仏を見た思いがしました。人間にとっての最後の命綱とは、やはり、人と人との絆なのではないか。人と人とがつながることの大切さ、強さ、温かさ。 私は、それを真(心)のライフラインと呼びたいと思っています。
この作品は、美術画廊の入口・左側のウィンドウに展示されています。お見逃しなく!


◆◇◆◇ 横浜高島屋での個展、開催です!9月13日(火)まで! ◆◇◆◇

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
午後10時から午後7時30分まで (最終日は、午後4時まで)
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ

在廊予定日時 : 9/7は終日、9/8 ~ 9/12は午後2時頃より午後6時30分頃まで、9/13は午後1時頃より午後4時まで
(上記、在廊予定日や在廊時間は、都合により変更になる可能性もあります。)
[PR]
by icarts | 2011-09-11 01:04 | Art
出品作品について 2 / ウサギねずみの対話 Ver.45
c0018281_23285626.jpg
ウサギねずみの対話 Ver.45
2011年
キャンバスに油彩
130 x 162 cm (F100号)


これまでも「ウサギねずみの対話」シリーズとして、数多くの対話を描いてきましたが、今年3月に起きた東日本大震災を機に、対話の必要性や重要性をより強く実感するようになりました。その思いを今展のメインを飾る100号作品・4点に込めました。ウサギねずみたちはこれまでいた創造の部屋からより広い創造のステージへと飛び出し、新たな対話を繰り広げます。c0018281_23442084.jpgそこには、天まで伸び広がろうとする大きな木々があり、彼方にはキミドリ色の風景が広がっています。それはまさに、新たな創造と可能性の世界です。ウサギねずみたち、それぞれの対話からは無限の可能性が、そして、新しいストーリーがきっと生まれることでしょう。


◆◇◆◇ 横浜高島屋での個展、開催です!9月13日(火)まで! ◆◇◆◇

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
午後10時から午後7時30分まで (最終日は、午後4時まで)
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ

在廊予定日時 : 9/7は終日、9/8 ~ 9/12は午後2時頃より午後6時30分頃まで、9/13は午後1時頃より午後4時まで
(上記、在廊予定日や在廊時間は、都合により変更になる可能性もあります。)
[PR]
by icarts | 2011-09-10 23:30 | Art
出品作品について 1 / ウサギねずみ -1999年のドローイングより- (2)
c0018281_12263228.jpg
ウサギねずみ -1999年のドローイングより- (2)
2011年
キャンバスに油彩
38 x 46 cm (F8号)


この作品は、1999年に描いたドローイングがベースになっています。いわば、ウサギねずみの原型。12年前にドローイングを描き続ける中で生まれたウサギのようなねずみ。対話の内容も、その頃の時代や私自身の心身の状態を表わすかのように、お互いの意見を闘わせる激しいものでした。
その後、10年以上の歳月が流れるうちに、対話の内容も次第に変化し、お互いを思いやりながら、相手の意見を受け入れるような、そんな可能性を生み出す 創造性に満ちた対話のかたちへと変わってきました。この作品は、今展が私自身の画家としての10年の軌跡をご覧いただくことも目的のひとつとなっていますので、最新作の「ウサギねずみの対話」を制作する過程で、その源流を探るうちに誕生した私のお気に入りの一点です。ぜひ会場でご覧下さい。


◆◇◆◇ 横浜高島屋での個展、開催です!9月13日(火)まで! ◆◇◆◇

「大谷有花 展 それぞれの対話から生まれるストーリー 」
2011年 9月7日(水)- 9月13日(火)
横浜高島屋 7階 美術画廊
午後10時から午後7時30分まで (最終日は、午後4時まで)
横浜駅(JR各線、東急東横線、相鉄線、京急線、みなとみらい線、市営地下鉄各線)下車 西口徒歩すぐ

在廊予定日時 : 9/7、9/10 - 9/13 の午後2時頃より午後6時30分頃まで
(9/8と9/9は終日不在となります。また、上記、在廊予定日や在廊時間は、都合により変更になる可能性もあります。あらかじめご了承下さい。)
[PR]
by icarts | 2011-09-10 10:35 | Art