「ほっ」と。キャンペーン

大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
高島屋美術部の福田朋秋さん
c0018281_2124728.jpg
中央の山田純嗣さんの左の方は、高島屋本社美術部の福田朋秋さんです。先日、日本橋高島屋にお邪魔した折にお会いしました。福田さんには、2009~10年に高島屋で開催された若手作家によるグループ展「美の予感 2010 -新たなる平面のカオスへ-」への出品をお誘いいただいたのがご縁で、これまでいろいろお世話になっています。「美の予感」展とは、高島屋美術部創設百年を記念して、2009年末から2010年にかけて高島屋の主要6店舗を巡回した展覧会で、東西の高島屋美術部の皆さんがそれぞれの見識と感性で選ばれ推薦された40歳以下の平面作家26名が出品しました。出品作品は多彩なラインナップとなり、現代美術や日本画、洋画といったジャンルの垣根を越えた展覧会となり、巡回した各地で好評を博しました。私はそれまで百貨店で開催される展覧会に出品したことがなく、この「美の予感」展が百貨店での初めての展示となりました。その後、昨年末に新宿高島屋で開催されたクリスマス企画展に出品し、今年は百貨店では初めてとなる個展を横浜高島屋で開催することができましました。
最近は、GALLERY MoMoのように、気軽に入れるギャラリーが増えたとはいえ、一般の方々にとって、ギャラリーの敷居はまだ高いようで、そういったお客さまに作品をご覧いただき楽しんでいただくためには、百貨店のような、どなたでも入りやすい場所ででも、作品を展示することはとても意義あることだと思っています。ギャラリーにはギャラリーの良さがあり、百貨店には百貨店の良さがあります。これからも、より多くの方々に作品を楽しんでいただくために、アートに携わる方々のお知恵とお力をお借りしつつ、様々な場所で発表活動ができればと願っています。
[PR]
by icarts | 2011-10-31 21:36 | Art
日本橋高島屋・美術画廊Xで開催中の「山田純嗣 展」
c0018281_23291342.jpg
今日は、架橋100周年のイベントで大賑わいだった日本橋。その人波をかき分けつつ、日本橋高島屋の美術画廊Xで開催中の「山田純嗣 展」にお邪魔しました。幸い、山田さんご本人も美術画廊におられ、いろいろお話しすることができました。山田さんは、この日本橋高島屋では2度目の個展となるそうですが、今回は平面作品による展示と平面作品の基となっている立体によるインスタレーション展示の二部構成となっていて、その間が白いカーテンで仕切られたおもしろい展示になっています。山田さんとは、今年5月に開催された不忍画廊でのチャリティー展でご一緒し、つい最近も、高島屋180周年記念企画 ジャパンビューティー・アクセサリーコラボの企画でもご一緒したところです。この展覧会は明日・10月31日(月)までです。
[PR]
by icarts | 2011-10-30 23:38 | Art
Twitter はじめました!
c0018281_22543546.jpg
Twitter はじめました!よろしくお願いします!

大谷有花 / Twitter
[PR]
by icarts | 2011-10-21 22:57 | Information
「はやぶさ」の模型と議長室を市役所で拝見!
c0018281_2302825.jpg
先日は、ある選定会議があり、相模原市役所に行ってきました。その会議終了後、すっかり顔なじみになった相模原市の笹野渉外部長、相澤課長、小野澤課長にご案内いただき、サポーターズ仲間の小橋さんと一緒に、市役所のエントランスホールにある小惑星探査機「はやぶさ」の模型を見せていただきました。これから、「はやぶさ」をモチーフにした映画が3本も立て続けに公開されるとのことです。
相模原市内には、宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)の相模原キャンパスがあります。ここは、日本の宇宙開発・研究の重要な拠点で、宇宙のさまざまな謎を究明するためのたくさんの研究施設や実験棟などがあり、まさに世界に誇るわが国の宇宙開発の最前線基地です。宇宙開発・研究というのは、実はどこででもできるわけではなく、平坦な広い土地があり、災害の危険性が少なく、美しい星空が観測可能な場所でないと、長い年月を必要とする継続的な研究はできないのだそうです。そういう意味では、相模原市は最適地なのかもしれないですね。

c0018281_2311856.jpgその後、市議会議長室へご案内いただき、自作の「ウサギねずみ -1999年のドローイングより- (2)」と対面。残念ながら、中村議長は席をはずしておられましたが、議長室にはさまざまなジャンルで活躍する方々に関連する品々が所狭しと飾られていてつい見入ってしまいました。議長室に展示されているそうした品々を拝見していると、中村議長ご自身が率先して、相模原市を盛り上げていこう、相模原市に関連する人々を支援していこうとされていることがよくわかりました。人間味あふれパワフルな中村議長の益々のご活躍をお祈り致します。
[PR]
by icarts | 2011-10-19 23:05 | Sagamihara
GALLERY MoMoのモモさん!
c0018281_18372020.jpg
いつもは自分の展覧会を記者さんに文章にしてもらい、どんな記事になるのかを楽しみにしていますが、今回は「何かおすすめの本について書いてちょうだいな」と産経新聞・文化部の渋沢和彦さんからご依頼いただき、現在開催中のそれぞれに流れる時間や記憶をテーマにした「対話の記憶」と題したインスタレーションによる個展とリンクするような本を紹介することにしました。この「モモ」は本当におもしろいのですが、特に物語の後半、とてもユニークな登場人物たちが発する言葉には不思議な重みがあり、考えさせられることがたくさんあります。今まさに読書の秋たけなわ。「モモ」は、大人から子どもまで、きっとどなたでも楽しめますよ~。

今回、文字数の制限があったため寄稿した文章には書けなかったのですが、ギャラリーモモのオーナーの娘さんの名前も「モモ」さんなのです!やはり、オーナーご夫妻がエンデの「モモ」がお好きで、この本にちなんで名づけられたそうです。その娘さんは現在、アメリカでギャラリスト修行中。帰国後はお兄さんの竜平さんと力を合わせてギャラリーモモを盛りたててくれることでしょう!

記事のウェブ版は、こちら ↓
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111015/bks11101508050005-n1.htm


◆◇ GALLERY MoMo Ryogokuでの個展、開催中です! ◇◆

「大谷有花 展 -対話の記憶- 」
2011年 10月8日(土)- 11月5日(土)
GALLERY MoMo Ryogoku
午前11時から午後7時まで / 日曜、月曜、祝日は休み
地下鉄・大江戸線・両国駅 A3出口より徒歩1分 (改札正面のエレベーターがA3出口になります)
JR両国駅 東口より徒歩約5分

* 今後の作家在廊予定日
10月18日(火) 午後1時から午後6時まで
10月22日(土) 午後1時から午後6時まで
11月5日(土) 午前11時から午後6時まで
(上記、在廊予定日時は、都合により変更になる可能性があります。)
[PR]
by icarts | 2011-10-16 18:51 | Art
本日の産経新聞に!
c0018281_6422128.jpg
本日・10/15付の産経新聞の「産経書房」のページに、私が寄稿した文章が掲載されています。今回はドイツの児童文学作家ミヒャエル・エンデの「モモ」を紹介しています。ぜひ本日の産経新聞をご覧ください!


◆◇ GALLERY MoMo Ryogokuでの個展、開催中です! ◇◆

「大谷有花 展 -対話の記憶- 」
2011年 10月8日(土)- 11月5日(土)
GALLERY MoMo Ryogoku
午前11時から午後7時まで / 日曜、月曜、祝日は休み
地下鉄・大江戸線・両国駅 A3出口より徒歩1分 (改札正面のエレベーターがA3出口になります)
JR両国駅 東口より徒歩約5分

* 今後の作家在廊予定日
10月18日(火) 午後1時から午後6時まで
10月22日(土) 午後1時から午後6時まで
10月25日(火) 午後1時から午後6時まで
11月5日(土) 午前11時から午後6時まで
(上記、在廊予定日時は、都合により変更になる可能性があります。)
[PR]
by icarts | 2011-10-15 06:43 | Information
個展がはじまりました!
c0018281_114112.jpg
GALLERY MoMoでの個展は約2年半ぶりで、今回でなんと7回目!一日の大半を絵画の制作に費やすという日々を長年過ごしていると、自分の周りの時の流れが緩やかになるのか、ふと気づくと、浦島太郎のように、思いの外、月日が過ぎ去っているような感じがします。

土曜日のオープニングレセプションには、すっかりお馴染みになった常連のコレクターさん方をはじめ、多くのお客さまにお越しいただきました。MoMoで個展を控えた大久保さんや替場さんや大坂さん、そして現在、六本木のMoMoで個展を開催中の奥田さんにもお越しいただきました。皆さん、今回のインスタレーションによる展示に、あっと驚かれるご様子。作者としては、シメシメ、うまくいったという感じです。今展はお客さまご自身がウサギねずみになった気分で、ギャラリーの杉田さんや私と、またお連れの方と、そして、ご自身との対話を、この特別な期間限定のインスタレーション空間の中で楽しんでいただきたいと思っています。会期は11月5日(土)までです。両国のGALLERY MoMoで、このちょっと不思議な空間をぜひご体験下さい。


◆◇ GALLERY MoMo Ryogokuでの個展、開催中です! ◇◆

「大谷有花 展 -対話の記憶- 」
2011年 10月8日(土)- 11月5日(土)
GALLERY MoMo Ryogoku
午前11時から午後7時まで / 日曜、月曜、祝日は休み
地下鉄・大江戸線・両国駅 A3出口より徒歩1分 (改札正面のエレベーターがA3出口になります)
JR両国駅 東口より徒歩約5分

* 今後の作家在廊予定日
10月18日(火) 午後1時から午後6時まで
10月22日(土) 午後1時から午後6時まで
10月25日(火) 午後1時から午後6時まで
11月5日(土) 午前11時から午後6時まで
(上記、在廊予定日時は、都合により変更になる可能性があります。)
[PR]
by icarts | 2011-10-12 11:10 | Art
両国のGALLERY MoMoでの個展は、本日から!
c0018281_3334014.jpg
東京・両国のGALLERY MoMo Ryogokuでの個展「対話の記憶」は、本日から開催です!どのようなインスタレーションになっているかは、会場にお越しになってからのお楽しみということで!オープニングレセプションは本日・午後6時からです。ぜひご高覧いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


◆◇ GALLERY MoMo Ryogokuでの個展、開催中です! ◇◆

「大谷有花 展 -対話の記憶- 」
2011年 10月8日(土)- 11月5日(土)
GALLERY MoMo Ryogoku
午前11時から午後7時まで / 日曜、月曜、祝日は休み
地下鉄・大江戸線・両国駅 A3出口より徒歩1分 (改札正面のエレベーターがA3出口になります)
JR両国駅 東口より徒歩約5分

* オープニングレセプション : 10月8日(土) 午後6時から午後8時まで

* 作家在廊予定日
10月8日(土) 午前11時から午後8時まで
10月11日(火) 午後1時から午後6時まで
10月18日(火) 午後1時から午後6時まで
10月22日(土) 午後1時から午後6時まで
10月25日(火) 午後1時から午後6時まで
11月5日(土) 午前11時から午後6時まで
(上記、在廊予定日時は、都合により変更になる可能性があります。)
[PR]
by icarts | 2011-10-08 03:36 | Art
個展「対話の記憶」の展示作業完了しました!
c0018281_22272973.jpg
「対話の記憶」のためのドローイング (4)
2011年
紙にアクリル、水彩
25.5 x 36 cm (イメージ・サイズ)
39.5 x 54.5 cm (ペーパー・サイズ)

今週・土曜日からGALLERY MoMo Ryogokuではじまるインスタレーションを中心とした個展「対話の記憶」の展示作業は、本日、プラン通りに完了しました。頭の中でイメージしていた空間が現実のものとなるワクワク感と緊張感は、インスタレーションならでの醍醐味です。本日は、GALLERY MoMoの杉田さんとアイ・シー・アーツの太田さんのご協力のおかげで、楽しみながら余裕を持って作業することができました。

今展は、絵画作品「ウサギねずみの対話」でウサギねずみたちが対話を繰り広げるステージさながらに、ピクニック・シリーズの大作絵画が壁面を飾る中、そのステージで交わされた無数の対話ひとつひとつを象徴する<あるもの>がギャラリーのフロアーを埋め尽くしています。ただ、このステージには主役のウサギねずみはいません。ここでの主役は、ここを訪れるお客さまおひとりおひとりです。皆さまにはぜひここで、ウサギねずみの気分を味わっていただき、ご自身がこれまでの人生の中で交わされてきたたくさんの対話を思い起こしていただき、記憶の中の自分に再び出会っていただきたいと願っています。それはただ単に過去を懐かしみ振り返ることだけではなく、おひとりおひとりが主役の新たなストーリーの幕開けを意味するかもしれません。今展の展示は、インスタレーションと絵画の融合というと少し大袈裟ですが、「体験する絵画」というべき作品だと思っています。ぜひ、GALLERY MoMo Ryogokuで、お客さまご自身が主役の「ウサギねずみの対話」のステージをご体験下さい。

◆◇ GALLERY MoMo Ryogokuでの個展開催まで、あと3日! ◇◆

「大谷有花 展 -対話の記憶- 」
2011年 10月8日(土)- 11月5日(土)
GALLERY MoMo Ryogoku
午前11時から午後7時まで / 日曜、月曜、祝日は休み
地下鉄・大江戸線・両国駅 A3出口より徒歩1分 (改札正面のエレベーターがA3出口になります)
JR両国駅 東口より徒歩約5分

* オープニングレセプション : 10月8日(土) 午後6時から午後8時まで

* 作家在廊予定日
10月8日(土) 午前11時から午後8時まで
10月11日(火) 午後1時から午後6時まで
10月18日(火) 午後1時から午後6時まで
10月22日(土) 午後1時から午後6時まで
10月25日(火) 午後1時から午後6時まで
11月5日(土) 午前11時から午後6時まで
(上記、在廊予定日時は、都合により変更になる可能性があります。)
[PR]
by icarts | 2011-10-05 22:29 | Art
ピーター・バラカンさんのDJライブとお食事会
c0018281_0293275.jpg
本日は、ピーター・バラカンさんのDJライブを東京YWCA武蔵野会館で堪能。ブロードキャスターとして、また音楽評論家として有名なピーター・バラカンさん。「女の歌」と題された今回のDJライブではたくさんの素敵な曲が紹介されました。素晴らしい音楽は美術と同様に、心に栄養を与えてくれます。
そしてDJライブ終了後は、バラカンさんを囲んでのお食事会。会場は、JR三鷹駅北口近くの「夢は正夢」という創作料理屋さん。こだわりのオーガニック野菜と産地直送の旬なお魚、そして厳選された日本酒や焼酎が楽しめるお店です。私も、YWCAの外山真理さんのお声がけのもと集まったそれぞれ異なるジャンルに精通する方々とご一緒させていただきました。なかでも、社会学者であり、ジェンダー研究で知られる上野千鶴子先生は、普段の会話のなかにも、女性への正当な評価や報酬に対する提言がユーモアを交えてなされていて、さすがは第一人者だと感じました。これからは、どの分野においても、「つながり」が大きなキーワードになるかと思いますが、それには、これまでよりもさらに女性のしなやかなパワーが必要になるはずです。能力ある女性が各分野に積極的に進出すること、そしてその働きに対する正当な評価が行なわれることが急務だと改めて実感しました。今夜は外山さんの人徳が成せる有意義で楽しい会となりました。皆さん、素敵なひとときをありがとうございました。
[PR]
by icarts | 2011-10-02 00:35 | 対話のかたち