大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「具体」展と元永さんの思い出
c0018281_2322425.jpgさる9月10日まで、東京・六本木の国立新美術館で開催されていた展覧会<「具体」-ニッポンの前衛 18年の軌跡>。会期中に鑑賞し、展覧会カタログも入手することができました。具体美術協会(「具体」)は、1954年に吉原治良をリーダーとして、関西の若い美術家たちで結成された美術家集団で、その一風変わったグループ名は、「我々の精神が自由であるという証を<具体>的に提示したい」という思いを表わしているそうです。「人のマネをするな!」、「これまでになかったものを作れ!」という吉原治良の指示のもと、若い「具体」の作家たちは次々とユニークな作品を生み出していくことになります。「具体」の全盛期は1950~60年代。この時代は日本が奇跡的な戦後復興を成し遂げた時代と重なります。そんなエネルギーに満ち溢れた時代に生まれた作品群を、政治・経済など様々な分野で行きづまりの様相を呈する現在の日本に生きる作家のひとりである私が観ると、素直に羨ましく思えます。もちろん当時、「具体」の活動に理解を示し、称賛する人々は少なかっただろうし、作品がどんどん売れるということもなかったでしょうから、リーダーでもあり、パトロンでもあった吉原治良の存在はとても大きなものがあったと思いますが、イメージと情報が溢れ、人マネの作品が平気で横行している現在の美術界の状況を鑑みるに、新鮮な感動をあらゆる造形の中に求め、「物質や表現」と格闘し続けた「具体」の作家の心意気や情熱を、現代の若い作家は(私も含め)改めてもっと見習うべきではないかと思えてきます。

その「具体」展の分厚いカタログにゆっくり目を通してみると、高島屋(大阪)での展示記録や写真が。カタログの最後のページを飾る「国際スカイフェスティバルでの吉原治良」(1960年、なんば高島屋・大阪)は、とてもいい写真です。高島屋は、日本橋高島屋の美術画廊Xや新宿高島屋などで、つい最近から現代美術を取り上げ始めたかと思いきや、街の企画ギャラリーが本格的に現代美術を取り上げるよほど前から現代美術展を企画していたんですね~。すごいです。

そんなことを思いながら、カタログのページをめくっていると、「主要参考文献」欄に見慣れた名前が掲載されているのを発見!現在、私のアーティスト・マネージメントを担当してもらっている太田善規さん。彼がカサハラ画廊のスタッフだった頃に編集を手掛けた「カサハラ画廊25年史 <1972-1997>」が、この「具体」展の参考文献として採用されていたとは!
c0018281_232607.jpg1972年にオープンしたカサハラ画廊は、あの世界的彫刻家 イサム・ノグチが個展を開催する日本で唯一の企画ギャラリーとして、知る人ぞ知る存在でした。他にも、アンソニー・カロやジョージ・リッキー、清水九兵衛や村岡三郎などといった彫刻家を積極的に扱うギャラリーだったのですが、関西のギャラリーということもあり、白髪一雄や元永定正、田中敦子といった「具体」の作家の企画展を開催したり、作品を扱ったりしていました。太田さんからは、そういう作家の人となりを今でもたまに聞いたりするのですが、とてもリアルでおもしろく、いつもたいへん興味深く聞かせてもらっています。
私自身も、企画ギャラリーでの本格的な個展を開催(2002年)したのが、(当時、東京の京橋にあった)カサハラ画廊だったこともあり、ギャラリー・オーナーの笠原さんに連れられて、名立たる大先輩の作家さんたちとの酒席に何回か同席させてもらったことがあります。昨年お亡くなりになられた元永定正さんと同席させていただいたこともあり、それは今では本当にいい思い出というか、いい経験となりました。もうかれこれ10年ほど前の話になりますが、当時すでにご高齢であった元永さんの生命力溢れる存在感や、誰に対しても分け隔てない気さくなお人柄とパワフルでエネルギッシュな話しっぷりや飲みっぷり、そして、その醸し出す何とも言えない独特の雰囲気に、まだ駆け出しの作家だった私は、ただただ圧倒され目を丸くさせたものでした。ですから、そんな元永さんのお若い時のパワフルさは、いかばかりかと・・・。

これまで関西では、兵庫や大阪などで、「具体」展が頻繁に開催されてきましたが、この度ようやく東京で「具体」の全容を紹介する展覧会を観ることができました。そんな「具体」展の会場を、在りし日の元永さんのお人柄などを偲びつつ、なんだか感慨深く巡りました。
[PR]
by icarts | 2012-09-21 23:41 | Art
高島屋3店舗ハシゴ記!「タカシマヤのばら アートセッション」
c0018281_19501154.jpg
高島屋がバラをシンボルフラワーとして今年で60周年となることを記念し開催されている百華祭「タカシマヤのばら アートセッション」。初日の9月12日に、首都圏の高島屋3会場(日本橋店、新宿店、横浜店)に伺いました!今回の企画のために、私は<タカシマヤのばら>とのコラボレーションによる激レアな新作を5点制作しましたが、5店舗での同時開催なので、各店舗に1点ずつの展示となっています。

c0018281_1953494.jpgこの日、まず最初に伺ったのは、日本橋高島屋。その日本橋店の中央通り側のショーウィンドウを飾っているのは、お澄まし顏の特製トートバッグたち。作品さながらに大切に、そしてかわいく展示されていて、道行く人が立ち止まって眺めています。そして、1階の正面入口を入ってすぐのスペースでは、「百華祭」の巨大なディスプレイがお客さまをお出迎え!凄い!百華祭ということで、まさに華やか!そして、ピンクを基調とした5階の特設会場では、各作家の原画作品が額装され、見やすい状態で展示されています。また、それぞれの作家の作品を基にして製作されたトートバッグや風呂敷も同じ場所で展示販売されています。お客さまに、いかにして上質なものを提供し、夢を与え、なおかつ、百貨店という場所で楽しんでもらうかを追究し続けているこの老舗百貨店のサービス精神が、今回の日本橋店のディスプレイにも溢れています。

c0018281_19534084.jpg今回は、高島屋の総力を挙げての企画ということで、美術部の荒木さんをはじめ、マーチャンダイジング本部政策室、広報室、婦人雑貨・特選衣料雑貨室、呉服室など、さまざまな部署の皆さんが知恵を出し合い企画されたものだそうです。特製のトートバッグは、エコバッグ的な簡易なバッグにただプリントされているというものではなく、高島屋ならではの、上質感にこだわった一品となっていて、牛皮を持ち手と底に使用した上品でしっかりとした作りのバッグです。また、風呂敷は、呉服部の皆さんがちりめんの質感と原画作品の色味の再現にとことんこだわり抜いた一品。しかも、どちらもメイド・イン・ジャパンにこだわった限定品です。

c0018281_2084725.jpg各作家の原画作品は、すべて額装済みの状態での販売となっていますが、この特別企画のためだけに制作したということもあり、どれも比較的お手頃な価格となっています。今回出品されている作品の形式は、一部の作品を除き、基本的にはすべて統一のものとなっていて、事前に高島屋から提供された<タカシマヤのばら>が版画として刷られたコットン紙を使用し、それに各作家が独自の表現を加えるというスタイルです。 それぞれの作家が独自の趣向を凝らしながら、1点1点丹念に制作したことはもちろんですが、その<タカシマヤのばら>が版画として刷られたコットン紙そのものも、版画の刷り色にこだわり、何度も刷り直してできたもので、まさにダブルネームの贅沢な一品なのです。こういう作品は、作家だけの意志ではなかなか実現しないものなので、本当にとてもレアな作品ではないかと思います。それぞれの作家と<タカシマヤのばら>とのコラボレーションの妙を、ぜひこの機会にお楽しみいただければ幸いです。

c0018281_19543758.jpg特設会場では、企画総担当であるマーチャンダイジング本部政策室の方や販売スタッフの方たちと記念に、パチリ!また、いつもお世話になっている美術部の中澤さんをはじめ、福田さん、平岡さん、花坂さんや多くのスタッフの皆さんにお会いすることができました。

次にお伺いした横浜店では、昨年の個展でお世話になった垂水さんや洞内さんや美術画廊のスタッフの皆さんにお会いし、ゆっくりお話することができました。ここ横浜店の特設会場は、比較的スペースが狭いので、その中を忙しく行き来されている販売スタッフの皆さんのお邪魔にならないように、こっそり拝見しました。これから横浜店にお越しいただくお客さまには残念なお知らせですが、横浜店で販売されている私の原画作品の他、大谷有花デザインのトートバックや風呂敷は、早くも完売となっていました。あしからずご了承下さい。ただ、原画作品は会期中、ご覧いただけます!

c0018281_19522367.jpgそして、最後に伺った新宿店では、ちょうど特設会場におられた美術部の仲田さんや日向さんにお会いすることができました。新宿店では、9月18日まではハンズ側の2階・特設会場で展示販売されていますが、9月19日からは2階・ウエルカムゾーンに会場を移し、展示販売されるそうです。またそれにあわせて、9月19日から、新宿店 10階の美術画廊では、「タカシマヤのばら アートセッション」の関連企画展として、「タカシマヤのばら アートセッション」に出品している作家の作品展が開催されます。こちらでは、それぞれの作家のオリジナル作品が購入できます。

この日はそれぞれの高島屋で、多くのスタッフの皆さんにお会いし、国内消費が低迷していると言われて久しい今日においても、上質なものを上質なサービスで提供しようという伝統と格式ある老舗百貨店の商いの心意気に触れたように感じました。本当に大切な方への贈り物は(自分自身へのご褒美も含め)、こういうお店で選んで贈りたいと、改めて思いました。

追記 :
早速、トートバッグをご使用いただいた感想などを頂戴しています。ありがとうございます。とても使用感がよく、ちょうど使いやすいサイズだとの感想などをいただいています。私も実際に使うのが待ち遠しいです。


◆ 名称 : タカシマヤのばら アートセッション
◆ 会期 : 2012年 9月12日(水) ~ 9月25日(火)
◆ 会場 : 髙島屋・東京店、新宿店、横浜店、大阪店、京都店の各特設会場にて同時開催
◆ 企画参加アーティスト (計 24名、50音順) :
岩田壮平、大河原愛、大谷有花、大森暁生、金丸悠児、川久保ジョイ、極並佑、齋正機、さとうかよ、重野克明、たかはしじゅんいち、瀧下和之、土屋仁応、永島千裕、中村ケンゴ、福井江太郎、フジイフランソワ、松浦浩之、松山賢、ミヤケマイ、安岡亜蘭、山本太郎、渡邊佳織、渡辺おさむ 
◆ 「百華祭」特設ウェブサイト : http://www.takashimaya.co.jp/store/special/hyakkasai/


◇ 関連企画展「タカシマヤのばら アートセッション出品作家作品展」
◇ 会期 : 2012年 9月19水) ~ 9月25日(火)
◇ 会場 : 新宿高島屋 10階・美術画廊
[PR]
by icarts | 2012-09-15 20:20 | Art
「タカシマヤのばら」 = イングリッシュローズ
c0018281_16111756.jpgバラのショッピングバッグや包装紙といえば、タカシマヤを連想するほど、バラはタカシマヤのシンボルフラワーとしてすっかり定着していますが、現在「タカシマヤのばら」として使用されているバラの種類は、「イングリッシュローズ」らしいです。
バラと一口に言っても、驚くほどたくさんの品種があることは、ご存知の方も多いかと思います。その中でも特に園芸愛好家に人気のイングリッシュローズは、オールドローズとモダンローズを交配して作られた新しいバラで、オールドローズのクラシックで高い香りを受け継ぎ、モダンローズから丈夫で育てやすい四季咲き性を受け継いだ理想的なバラです。イギリスの有名なブリーダーであるデビッド・オースチンの品種改良により、今年も5種類の新たなイングリッシュローズが誕生したそうです。

c0018281_1613101.jpgオールドローズの歴史は古く、原産地は現在のトルコ共和国あたりだそうで、それを十字軍がヨーロッパに持ち帰り、その結果、バラがヨーロッパ諸国に広がったんだとか。中世、キリスト教の禁欲主義的な道徳観により、一般人のバラ栽培は禁止され、教会や修道院でのみ赤(キリストの血を表す)と白(マリアを表す)のバラが栽培されました。ルネサンス期に入ると、バラは再び一般の人々の手に戻り、その後、世界的に広まったとのこと。ボッティチェリの名画「ヴィーナスの誕生」には、バラの原種が描きこまれていますが、その姿は驚くほど素朴。以来、現代まで、バラは多くの園芸愛好家に親しまれながら栽培され、飛躍的に発展し、多くの人々を魅了し続けています。

というわけで、今年は、タカシマヤがバラをシンボルフラワーとしてからちょうど60周年となることから、それを記念し、「タカシマヤのばら アートセッション」が開催されるわけですが、その現在の「タカシマヤのばら」であるイングリッシュローズの故郷・イギリスでは今年、エリザベス2世が女王即位60周年!なんと、タカシマヤがバラをシンボルフラワーとしたその年にエリザベス2世が即位されていた!イングリッシュローズと60周年つながりで、タカシマヤにとって2012年はとてもおめでたい年であることを、いまさらながら、発見してしまったのでした。


◆ 名称 : タカシマヤのばら アートセッション
◆ 会期 : 2012年 9月12日(水) ~ 9月25日(火)
◆ 会場 : 髙島屋・東京店、新宿店、横浜店、大阪店、京都店の各特設会場にて同時開催
◆ 企画参加アーティスト (計 24名、50音順) :
岩田壮平、大河原愛、大谷有花、大森暁生、金丸悠児、川久保ジョイ、極並佑、齋正機、さとうかよ、重野克明、たかはしじゅんいち、瀧下和之、土屋仁応、永島千裕、中村ケンゴ、福井江太郎、フジイフランソワ、松浦浩之、松山賢、ミヤケマイ、安岡亜蘭、山本太郎、渡邊佳織、渡辺おさむ 

各原画の販売は、上記の各店舗にて、9月12日(水)午前10時から。
店舗により、展示販売する作品が異なります。どの作家のどの作品が、どの店舗で販売されるかにつきましては、9月10日(月)より店頭置きされるパンフレットにてご確認下さい。
タカシマヤのウェブサイトでの今企画の告知も、9月10日(月)からとなっています。
http://www.takashimaya.co.jp

上の写真の作品は、「タカシマヤのばら アートセッション」出品作品 : 
大谷有花 「五色想花」
2012年 
(「タカシマヤのばら」モチーフ版画入りの)コットン紙にアクリルガッシュ、メディウム 
53 x 53 cm
[PR]
by icarts | 2012-09-04 16:18 | Art