大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
秋田・大館のアートと食を堪能!「ゼロ展 2012」公開講評会&「本場大館きりたんぽまつり」
c0018281_226846.jpg先日、秋田県大館市で開催された「ゼロ展 2012」の対話型公開講評会に、ゲスト講師として参加してまいりました。それにしても、秋田県は広い!県央部の秋田市から青森県に隣接する大館市まで、特急に乗ってもたっぷり1時間30分。車窓から米どころ秋田を象徴する田園風景を眺めつつ、大館にはどんなアートが待っているのかと思いを馳せながら、のんびり列車の旅を楽しみました。

c0018281_2272013.jpgそして、大館駅に到着。構内では、忠犬ハチ公のハチ公神社や巨大きりたんぽが乗客を迎えます。改札を出ると、ありがたいことにゼロダテ・スタッフの松渕さんにクルマで迎えに来ていただいていました。早速、「ちょっと、大館の朝市を覗きますか~」っと、松渕さんに案内され、「ゼロダテ駅前美術展」の会場のひとつにもなっている駅前の朝市へ。昭和の香り漂う空間に、売り手のおかあさんたちの威勢のいい秋田弁!唖然!本場の秋田弁はなんだかとてもパワフル!すごいな~~!この雰囲気のある朝市は、タムラサトルさんと伊藤大朗さんの展示会場となっていて、朝市と現代アートという、他では見ることができないコラボレーションに、ある種の衝撃を受けました。

c0018281_2218254.jpgその衝撃もつかの間、気づくとクルマは「ゼロ展 2012」会場の大館市樹海体育館に到着していました。この樹海体育館の隣の樹海ドームでは「本場大館きりたんぽまつり」が開催されており、すでに大勢の来場者ですごい活気です。その「きりたんぽまつり」の関連イベントとして、樹海体育館の入口では、忠犬ハチ公でおなじみの秋田犬(あきたいぬ)と触れ合えるコーナーがありました。イベントスタッフに勧められるがままに、講師陣は、しばし秋田犬と戯れ、本場の秋田犬のおとなしくかわいらしい表情に、すっかり癒されてしまいました。その様子をパチリ!

c0018281_2219573.jpg会場に入って少し展示されている作品を見て、まずはお昼ご飯。ゼロダテ実行委員長でもあり、大館名物・鶏めし「花善」のご主人でもある八木橋さんにおいしい鶏めし弁当を振舞っていただきました。その他にも、ゼロダテ・スタッフの皆さんに、きりたんぽなど、食べきれないほどの食事をご用意していただきお腹いっぱい!早速の素晴らしいおもてなしに感激!

c0018281_2291917.jpg今回で3回目となる「ゼロ展」の展示会場になっている大館市樹海体育館は、とても立派な体育館で、とにかく広い!その中に可動式の衝立を設置し、そこに出品作品を展示しています。この「ゼロ展」は、誰でも何でも出品できるとてもオープンな展覧会で、出品作品は現代絵画から彫刻などの立体作品、パフォーマンス、手芸、ネイルアートまで多種多様。出品参加者も年々増えているそうです。それらの出品作品を前に、出品者とゲスト講師が対話しながら公開で講評を行なうというのが、今日の対話型公開講評会というわけです。c0018281_22102551.jpg出品者の皆さんは、ひとり持ち時間5分の中で、自分の作品について、それぞれに与えられた時間が足りなくなるくらい積極的に発表され、講師陣の方が圧倒されるほどでした。また、説明の仕方も人それぞれで、お手製の説明クリップを作って来られる方や「良いところだけでなく、厳しくこれからの改善点も是非教えていただきたい」という方などなど・・・、とても意欲的な方が多く、思わずこちらも真剣になり、対話が白熱する講評会となりました。c0018281_22104235.jpg創造し自己表現する楽しさ、作品を発表し他人に鑑賞してもらう喜び、作品を介しいろいろな人とコミュニケーションする楽しさを出品者の方々は感じているようで、私自身も、様々な作品と個性溢れる出品者の方々に出会い、オリジナリティー溢れるエピソードなどをお聞きすることができ、「対話から生まれる可能性」を実感する楽しいひとときを過ごさせていただきました。

c0018281_2211353.jpg講評会終了後は、隣の樹海ドームに移動し、「本場大館きりたんぽまつり」会場で、おいしい本場のきりたんぽや大館産ホップ100%の生ビールなどをいただき大満足!
そしてさらに場所を移動し行なわれた懇親会では、自己紹介だけで懇親会の時間がほぼ終わってしまうくらいゼロダテのスタッフが多いことにも驚きました。皆さん自己紹介がとてもお上手で楽しい懇親会となりました。
c0018281_22114742.jpgさらに3次会では、地元大館市出身の中村政人さんいきつけの雰囲気のいいお店でおいしいお酒をいただき、この日一日で、秋の大館のアートと食を存分に堪能させていただきました。中村さんをはじめ、石山さんなどゼロダテ・スタッフの皆さんにはいろいろお世話になり、大館人の人情ともてなしの心に触れることができました。本当にありがとうございました!大館はとてもいいところでした!次の機会には、ゆっくりと大館市内の観光もしてみたいなと思っています。

c0018281_2213991.jpg最後は、講評会の翌日に、「駅前美術展」を見に来られたアイ・シー・アーツの太田さんとゼロダテ・スタッフの高橋さんをパチリ!

美の国あきた!生まれも育ちも神奈川の私は、秋田の魅力についてまだまだ知らないことがたくさんありそうです。たぶん、私と同様に、秋田のことをあまりよくご存じではない方々も多いと思います。「あきたにしました。」をキャッチフレーズにしたJRのデスティネーションキャンペーン(大型観光キャンペーン)の本番を来年に控え、すでにプレDCも始まっています。皆さんもぜひ機会があれば、見どころいっぱい、おいしいものいっぱいの秋田に出かけてみられてはいかがでしょうか。

c0018281_22132385.jpg
※ お土産に買った大館産のはちみつやお味噌!そして、ゼロダテさんのきりたんぽ本!
[PR]
by icarts | 2012-10-22 22:40 | Akita
アートと食を求めて!秋田・大館市へ 「ゼロダテ/大館展 2012」
c0018281_17245737.jpg
皆さん、秋田県の大館市ってご存知ですか?大館市は青森県に隣接する秋田県の北部にある市で、曲げわっぱやきりたんぽ、そして、あの忠犬ハチ公でおなじみの秋田犬のふるさととしても有名なところです。そして近年、大館市を有名にしているのが、ゼロダテ!ゼロダテとは、大館市出身の現代美術家・中村政人さん(3331 Arts Chiyoda・統括ディレクター)が中心となり、c0018281_17352541.jpg大館ゆかりのクリエーターとともに立ち上げたアートプロジェクト。ともに大館を想い、新しい大館を創造するために、アートの分野のみに限らず、食文化や郷土文化などに関する催しを開催するなど、多岐に渡る活動を行なっています。都内でも、秋葉原近くにある3331 Arts Chiyoda内に、ゼロダテ・アートセンター東京を開設し、大館市や秋田県の文化を広く紹介しています。ちなみに、このゼロダテ(0/DATE)という名称は、大館 =「ODATE」を「0-DATE」、つまりゼロの日と読みかえ、新しい街を、また新しい何かを始める勇気やきっかけを創造するための活動を示しているそうです。

そんなゼロダテが主催する展覧会「ゼロダテ駅前美術展+ゼロ展 2012」が、10月6日(土)から14日(日)の会期で、JR大館駅前周辺やJR鷹ノ巣駅前周辺、大館市樹海体育館などを会場として開催されます。この展覧会は、2007年から大館市内の空き店舗などを使用して行なわれている美術展で、今年で6年目となるそうです。c0018281_17354781.jpgメインの展覧会となる「ゼロダテ駅前美術展」は招待作家による美術展で、JR大館駅前周辺やJR鷹ノ巣駅前周辺の商店街などを舞台として開催されます。また、同時開催の「ゼロ展 2012」は誰でも出品できるオープン参加型の展覧会で、会期の前半は大館市の御成町二丁目商店街のビルで展示され、後半の10月13日(土)と14日(日)は大館市の樹海体育館で作品が展示され、10月13日にはゲスト講師を招いての公開講評会も開催されます。

今回私は、ご縁があって、その大館市樹海体育館で開催される公開講評会のゲスト講師のご依頼を受け、初めて大館市に伺います。すでに100点あまりの作品が集まったとのことで、どんな作品や作家さんたちに出会えるのか、今からとても楽しみにしています。

そうそう、楽しみといえば、13日と14日に樹海体育館に隣接する巨大な木造のドーム球場・大館市樹海ドームで開催される「本場大館きりたんぽまつり」。昔ながらのきりたんぽから新作きりたんぽまでを食べ比べできるほか、大館市比内地方の特産品である比内地鶏が豪快に焼かれたり、c0018281_17362339.jpg1000本のきりたんぽをいっせいに焼く千本焼きなどもあるそうで、大館の食を存分に堪能できそう!こちらも期待大です!

アート作品で心を満たし、本場のきりたんぽや比内地鶏でお腹を満たす。なんて贅沢なんでしょう!秋田近県の東北地方に在住の皆さんはもちろん、首都圏にお住まいの皆さんも、ぜひこの機会に秋の大館を訪れてみられてはいかがでしょうか。ゼロダテのウェブサイトでは本展のパンフレット(PDF)をダウンロードすることができます。このパンフレットを見るだけでも相当楽しそうですよ!

※ 今回、私自身は「ゼロ展 2012」公開講評会のゲスト講師という立場での参加となり、作品は出品していません。お間違いなく。
[PR]
by icarts | 2012-10-04 17:56 | Akita