「ほっ」と。キャンペーン

大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
年末のご挨拶とお知らせ
c0018281_40864.jpg
新聞の場合、首都圏や近畿以外では、全国紙よりも、地元の新聞社が発行する地方紙のほうが、その地で支持され愛読されていることが多く、秋田では秋田魁新報が断トツの支持率を誇り、秋田県内の世帯数に対する普及率は60%を超えるとのこと。

2014年元日付けの秋田魁新報は、例年通り、豪華5部立てとなるそうで、その元日特別バージョンの新聞が水色の袋に丁寧に納められ、朝日が昇る頃までに各契約家庭のポストに配達されます。秋田の多くの家庭では2014年も、元日の朝は秋田魁新報に目を通すことから始まるのではないでしょうか。
そんな秋田で絶大な支持を得ている新聞の元日版に、私の作品と作品解説コメントが掲載されます。初春から、このような縁起の良いご依頼をいただきたいへんうれしく光栄に思っております。秋田にお住まいの皆さまには、元日付けの秋田魁新報をご覧いただき、紙上で私の作品を見つけていただければ幸いです。


今年もいろんなことがありましたが、素敵な方々との出会いが多い年でした。そしてなんと言っても一番大きな出来事は、秋田公立美術大学(秋美)が無事に開学したことです。ビジュアルアーツ専攻のユニークな3人の3年次編入生たちをはじめ、秋美に集った希望あふれる学生たちやそれぞれに専門知識を有する教職員の方々とともに、その幕開けに立ち会えたことはなによりの喜びでした。

美大生として、創造することの意味を懸命に学びながら、自分と向き合い、作品と向き合い、社会と向き合う秋美の学生たち。教員として、そんな学生たちと日々接していると、リアルに現代(いま)を実感する瞬間があり、時にハッとさせられたりしますが、それが私自身にとっては新たな刺激にも喜びにもなっています。2013年は、世代を超えた新たな対話が始まった年ともなりました。そして気付けば、あっという間に、次の入試シーズンがすでに始まっています。まさに、光陰矢のごとし!2014年度入学を目指す受験生諸君、最後のラストスパート、ガンバレ!

最後になりましたが、すっかりご無沙汰してしまっている皆さま、直接お会いして近況をお知らせする機会がなかなか持てず誠に申し訳なく感じております。その代わりと言う訳ではありませんが、Facebook上で日々の出来事などを随時お知らせしていますので、もしよろしければ、チェックしていただければ幸いです。

2013年中はたいへんお世話になりました。
2014年も皆さまにとりまして良い年となりますように、心よりお祈り申し上げます。

大谷有花
https://www.facebook.com/yuka.ohtani.35

* 写真は、「現代の名工」にも選ばれた京陶人形作家・小田益三さん(小田益人形工房)の干支人形。かわいさと上品さが調和していて、とても素敵です。ちなみに、小田益三さんは、秋美・ビジュアルアーツ専攻の小田英之教授のお父さまです。
[PR]
by icarts | 2013-12-30 04:10 | Information