人気ブログランキング |
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
多摩美・入学式での祝辞!と、久しぶりの大学での楽しい一日
c0018281_0195850.jpg
春うらら!新年度がスタートしましたね!特に、入学式・入社式を終えたフレッシュマンの皆さんは、新しい環境の中でわくわくドキドキしながら初めてのことに果敢に挑戦していることでしょう。

さる4月4日、わが母校・多摩美術大学でも入学式がとり行なわれ、どういうわけか、今年度は、私が卒業生の代表として、新入生の皆さんを前に、祝辞を述べるという大役を仰せつかることになり、期待と不安が入り混じり緊張した面持ちの新入生たちの初々しい姿を見ながら、私もやや緊張しつつ、久しぶりに大学の門をくぐりました。c0018281_0321297.jpg

入学式が始まり、五十嵐威暢学長、藤谷宣人理事長、教授代表の港千尋先生、それぞれのスペシャルな式辞があり、続いて私の祝辞となりました。「最近の若者は・・・」という言葉はどこへやら、約1,000人に上る新入生の皆さんが、しっかりと前を向き、凛と背筋を伸ばして着席している様子はなんとも頼もしく感じられ、演壇に向かうこちらの身も自然と引き締まりました。祝辞では、私が15年前に入学した当時の様子や学生時代に全く順風満帆ではなく、むしろ自分の理想とする表現と現実との狭間でもがき、試行錯誤し、未来への可能性に不安を覚え、それに打ち勝つために勇気を振り絞る日々の連続であったこと、c0018281_0333610.jpgそして、猛者ぞろいの各分野の先生方と講義や批評会で真剣に意見を戦わせたことがどのようにその後の糧となったか、などをお話しさせていただきました。少しでも、これから始まる学生生活のための参考になればいいなと思います。

閉式後は、多摩美術大学校友会の皆さんと一緒に、各分野の先生方のおられる研究室を訪ねる校内行脚の旅をすることになったのですが、ちょうど昼食の時間となったので、まずは腹ごしらえということで、ご用意していただいた春らしい食材盛りだくさんの彩り豊かなお弁当を校友会の皆さんと一緒に、美術学部 共通教育 / 芸術学科・本江邦夫先生の研究室でいただきました。c0018281_0344176.jpg「校友会の卒業生代表として祝辞をするなんて知らなかった~!びっくりしたよ~。立派!立派!」と、大学時代と変わらぬ開口一番の本江節に、うれしくなりました。私の隣で、一緒にお弁当を食べていた校友会スタッフの森さやかさんは、油画科卒業生なので、「初めて本江先生の研究室に入りました~。本江先生の研究室でお弁当をいただけるなんて~!」と、すごくうれしそうでした。

その後、控え室に戻ると、多摩美術大学広報課の池田愛子さんが遅めの昼食。これから、油画研究室を訪ねるところだとお話しすると、さすがは広報課!携帯で、すばやくアポイントをとって下さいました。c0018281_03529100.jpgオリエンテーションでご多忙だった先生方にも、ようやく連絡がつきました。

そして、いよいよ、わが専攻科・油画研究室に到着。なんだか、学生時代のいろいろな出来事を思い出し、一瞬、入るのを躊躇したくなるような、とても複雑な気分になったのですが、温和な木嶋正吾先生にお茶を出していただき安堵したのもつかの間、「よ~よ~、大した偉い卒業生のお出ましだな~。もう1回、油画科を出直すか~!」っという小泉節が炸裂!いやはや、こちらの猛者もますますご健在!そこから、これまでの私の作品発表についてのありがたい講評会となりました。c0018281_0412890.jpg小泉俊己先生のこちらの内面に迫り、えぐり取るような講評は、当時のまま。この久々の講評会は、相変わらずの手厳しさだったのですが、なぜかとてもありがたくうれしい時間でした。大学を卒業後にもいろいろお世話になっている堀浩哉先生には、これからの10年の制作スタンスや活動についての具体的なアドバイスをいただきました。そして、シメは、栗原一成先生も入っていただいての5ショットをパチリ!久々の油画研究室でしたが、どの先生もお元気でなによりでした。母校ってやっぱりいいものですね。それぞれの先生からいただいた教えは、わが美術家人生において、これからますます役立っていくことでしょう。
c0018281_0421345.jpg
最後になりましたが、このような大役に、私をご指名いただいた多摩美術大学校友会の皆さんに感謝です。たいへん光栄に感じています。誠にありがとうございました!また、当日、いろいろとお世話いただいた校友会担当の柏木弘先生、校友会事務局の斉藤さん、森さん、ありがとうございました。多摩美術大学校友会から新入生の皆さんに贈られたスケッチブックを手にする斉藤さんと森さんをパチリ!
by icarts | 2012-04-14 01:07 | Art
<< 新しいアートの発信拠点「アート... 「相模原市シティセールスサポー... >>