大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
高階秀爾さんの「ニッポン現代アート」
c0018281_413336.jpg
昨年、文化勲章を受章された美術評論家の高階秀爾(たかしな しゅうじ)さんは、倉敷にある大原美術館の館長としても有名ですが、この度、秋田市の中心市街地に安藤忠雄さんの設計により建設され、本年9月に正式オープンする新しい秋田県立美術館の美術顧問に就任されました。高階さんはお父さまが秋田県の千畑町(現・美郷町)のご出身で、ご本人も戦時中、大曲町(現・大仙市)に疎開され、旧制角館中学で学ばれたご経験があるなど、秋田とゆかりが深いとのこと。私は、高階さんが実行委員長を務められているVOCA展で、2003年にVOCA奨励賞を受賞して以来、なにかとお世話になっていますが、今年3月にVOCA展のオープニングパーティーでお会いした折にも、秋田の話題に花が咲きましたので、このニュースはとてもうれしいです。

c0018281_423191.jpgまた、高階さんといえば、このほど講談社から「ニッポン現代アート」という単行本を出されました。この書籍は、講談社の月刊PR誌「本」の表紙(2008年7月~2010年12月)を飾った30点の作品画像と高階さんによる各作品の解説によって構成されています。私の作品「ウサギねずみの対話 Ver.32」も掲載されています。この作品は、2010年に「第2回 絹谷幸二賞」で絹谷幸二賞をいただいた際に、受賞対象となった作品群<ライフ>シリーズのなかの一点で、私自身、とても思い入れのある作品です。また、この賞に私を推挙していただいたのが、高階さんでしたので、とてもご縁を感じます。他にも、中西夏之さんや李禹煥さん、奈良美智さん、丸山直文さんらの作品も掲載されていますので、もしご興味があれば、ぜひお近くの書店でお手にとってご覧下さい。
高階さんも巻末に書かれていますが、「自社のPR誌の表紙に、一般の読者には必ずしも馴染み深いとは言えない現代アート作品を採用するというのは、編集部の英断」です。講談社の「本」編集部と担当の青山遊さんには、作品を掲載していただいたアーティストとしても、感謝申し上げます。

「ニッポン現代アート」 高階秀爾・著 / 講談社・刊
c0018281_42187.jpg

[PR]
by icarts | 2013-04-28 04:25 | Akita
<< あきたB!<美>探訪記 / 角館の桜 あきたB!<美>探訪記 / 千... >>