大谷有花 / ART BLOG
by icarts
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
ライフログ
以前の記事
2017年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
カテゴリ
2013年 02月 06日 ( 1 )
あきたB!<美>探訪記 / 高砂堂の「りんごもち」
c0018281_16444036.jpg
秋田公立美術大学の一般選抜試験の出願期間は本日、2月6日で終了となりますが、出願状況が公表されているウェブページを見ると、前期・中期日程とも出願が多く、倍率が高くなっています。東北より北の地域では、初にして唯一となる公立の4年制美術大学として秋田市に開学する本学を多くの受験生が志望してくれていることをうれしく誇りに感じると同時に、春からここで教鞭を執る身としては、本当に身が引き締まる思いです。受験生の皆さんは風邪などひかないように、しっかり栄養をとり、それぞれの試験当日に遺憾なく実力を発揮して下さいね。がんばれ!

先日は、自宅にて取材があり、取材スタッフの皆さんに、秋田市の高砂堂さんで購入した「りんごもち」をお茶受けとしてお出ししました。このお菓子は、秋田産のもち米とリンゴを使用したふんわりモチモチの柔らかさとほのかなリンゴの香りが特徴の羽二重餅で、良質な素材で作られた優しく控えめなそのお味は、まさに秋田県民の人柄を思わせます。天皇皇后両陛下が秋田をご訪問された折にも過去に2度お召し上がりになったそうです。
c0018281_16571363.jpg私は以前、秋田市内の街歩きをしているときに、千秋公園にほど近い通町商店街にある老舗の和菓子店・高砂堂さんで、このりんごもちに出会って以来のファンなのですが、今回の取材スタッフの方々にもたいへん好評で、皆さん、ペロリでした!
さすがに「米どころ秋田」というだけあって、このりんごもち以外にも、某テレビ番組で紹介されて全国的に一躍有名になった北秋田市の「バター餅」など、秋田県にはおいしいお餅がまだまだたくさんあるみたいで、米どころ秋田の食文化はやはり奥が深そうです。
そうそう、この高砂堂さんは明治27年の創業で、店舗は国の登録有形文化財に指定されているとのこと。確かに、特に店内はとても雰囲気があり、時代を感じさせる内装や調度品を見るだけでも楽しめますよ。
[PR]
by icarts | 2013-02-06 17:09 | Akita